全身の毛が白いハムスターのスノーホワイトを飼ってみましょう

ジャンガリアンハムスターはとてもなつきやすく頭も良いのでゴールデンハムスターと並んで人気のあるハムスターです。ジャンガリアンハムスターは毛色の違いで種類が分けられています。そのなかで全身の毛が白いものをスノーホワイトと呼びます。全体が白くて背中に黒っぽい筋が入ったものはパールホワイトと呼ばれます。しかし、その区別が明確ではなかったり、色が変化する個体もいます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターにダイエットは必要?太り過ぎのチェック方法と対策

我が家のハムスターは太り過ぎ?そう感じたら頭によぎるのはダイエットの5文字。ですが本当にハム...

【ハムスターの飼い方】初心者が覚えておきたい飼育の基本

初めてペットを飼うという方にも人気のハムスター。お世話もしやすく、日中留守がちという方でも飼いやすい...

ハムスターがケージをかじる原因を推察して対策を施しましょう。

ハムスターがケージをかじる原因は「飼育ケース内の環境に不満がある。外に出たがっている。おやつを要求し...

家にやってきたハムスターが水を飲まない理由と対処方法

お家に迎え入れたハムスターが水を飲まない。お水や餌はハムスターの健康に直に関係する重要な点。それがで...

ハムスターの歯を自分でカットは危険!危険な理由と対処方法

ハムスターの歯が伸びているように感じることはありませんか。歯が伸びすぎると不正咬合となり、上手に餌を...

【ロボロフスキーハムスターの飼い方】性格や注意点など

さまざまな種類のいるハムスターの中でも、一際体が小さいロボロフスキーハムスターは、他のハムスターより...

ハムスターが運動をしないと肥満が心配?運動方法と食事について

ハムスターはちょこまかと動き回るイメージがありますが、うちのハムスターは寝てばっかりで運動をしないと...

ハムスターの好きな食べ物は?健康を考えた食生活についてご紹介

ハムスターを飼育していると、日に日に懐いて可愛い姿を見せてくれるように。そうなると飼い主さんはさらに...

ハムスターの生態から知る最適なケージの置き場所をご紹介

ハムスターは一日をほぼケージの中で過ごします。そのためケージの置き場所は、ハムスターを飼育する上でと...

ハムスターおなら?ハムスターが発する音の原因について

ハムスターを飼い始めると小さな姿が可愛く、ハムスターの行動に一喜一憂してしまいます。ハムスタ...

ハムスターを飼うならなつきやすい種類を選ぶと可愛さ倍増!

ハムスターは小さくてあまり鳴かないので、犬や猫を飼えないマンションでも飼う事が可能である場合が多くあ...

ハムスターの老化が始まるのはいつ?一般的な寿命と老化

ハムスターは知っての通り、私達に比べるとその生涯はとっても短く、一緒にいられる時間は限られています。...

アーモンドが大好物!ハムスターが食べても良いアーモンド

ハムスターのおやつには何をあげていますか?ハムスターはひまわりの種やアーモンドなどの種子類が大好物。...

なつきやすいと人気のハムスターはゴールデンとジャンガリアン

ハムスターは小動物特有の細かい動きで、ハムスター好きにとっては見ているだけで愛らしくてたまらない存在...

ハムスターをお迎えするための準備と必要な心構えについて

お家にペットがやってくる、可愛いハムスターをお迎えするとなると、ワクワクしてしまいます。まず...

スポンサーリンク

ジャンガリアンハムスターのスノーホワイトとパールホワイトの違い。

スノーホワイトを目当てにペットショップへ足を運ぶと、全身が真っ白でも「パールホワイト」として売られていたり、全身白に背中に黒っぽい筋が入っていても「スノーホワイト」として売られている場合があります。
そのため、パールホワイトなのかスノーホワイトなのか混乱してしまう方が多くいます。そもそもジャンガリアンハムスターの種類というのは、見た目の色の違いで分けているだけで遺伝子的なレベルで分けているのではありません。見た目で種類分けして名前をつけて呼ばれるようになっただけなのです。そのためジャンガリアンハムスター内での種類を判別する明確な定義はありません。

全身が真っ白な個体をスノーホワイトと呼び、全身が白く背中に黒っぽい筋がある個体をパールホワイトと呼ぶことが広く浸透した結果、「スノーホワイト」「パールホワイト」という種類ができたのです。

パールホワイトはノーマルの変種、スノーホワイトはブルーサファイアの変種と言われています。

しかし、そもそもジャンガリアンハムスターはノーマルが原種であり、ブルーサファイアも変種であるので、ノーマル以外は全て変種であるとも言えます。
変種同士で交配すると健康ではない個体が生まれる可能性が高くなります。交配をする場合には一匹はノーマルにするとことをおすすめします。

スノーホワイトが季節の変化とともに他の毛色に変わる場合があります。

ジャンガリアンハムスターはペットとして飼われるようになり長い年月ペット用として交配を続けられ、現在のように様々な毛色の種類が作られました。
しかし、本来は夏はノーマル色で冬になると毛が生え換わり白くなります。野生のジャンガリアンハムスターが夏には濃い茶色で冬に白くなるのは天敵に見つかりづらくなるように季節に合わせた保護色になるためです。
ペットとして長く飼われているうちに保護色に変化する必要がなくなりペットのジャンガリアンハムスターは毛の色が変わらなくなりました。
しかし、ペットとして販売されているジャンガリアンハムスターでも季節の変化で毛が生え換わり色が変わる固体も存在します。
決まった種類のジャンガリアンハムスターだけが毛換わりする訳ではなく、どの種類のジャンガリアンハムスターでも変わる可能性があります。

特に冬にスノーホワイトと認識されていた固体が夏になり他の色に変わる場合が多いようです。

「絶対にスノーホワイトがよい」という場合には冬を避けて購入した方がよいでしょう。ジャンガリアンハムスターは毛の色が変わるかもしれないのもひとつの魅力と捉えて、迎え入れたからには生涯可愛がってあげたいものです。

ハムスターの毛色は成長とともに変わる場合もあります。

スノーホワイトだと思って購入した個体が成長とともに他の色が混じってきてノーマルになってしまった…などという場合があります。成長してスノーホワイトではなくなってなってしまう場合があるのです。

真っ白なジャンガリアンハムスターが欲しくてやっと見つけて購入したのに、あっという間に他の色になってしまったらショックを受ける方も多いでしょう。
これは、やはりそもそもジャンガリアンハムスターの毛色は遺伝的に明確に分かれている訳ではないので仕方がないことであると言えます。様々な色の個体同士の交配を何度も繰り返しているので、色々な色の性質を秘めている個体が多いのでしょう。成長過程で色が変わる事は多々にあり得るのです。

ジャンガリアンハムスターを選ぶ時は、健康状態を第一に、その次は個体の性格を重視して選ぶことをおすすめします。「色は変わらずそのままかもしれないし、変わるかもしれない。変わったとしてもどんな色になるのかは、変わってからのお楽しみ。」と考えておくと失望することもないでしょう。

スノーホワイトも性格は他のジャンガリアンハムスターと同じです。

スノーホワイトだからと気性がジャンガリアンハムスターの他の種類と異なる事はありません。

ジャンガリアンハムスターは温厚で頭がよく人によくなつくハムスターです。それはノーマルもサファイアもパールホワイトもプディングもスノーホワイトも同じです。
ただ、個体ごとの性格の差はあります。
これは人間で考えるとわかりやすく、国民性というのはあっても一つの国の人が全て同じ性格ではないのと同じです。

ジャンガリアンハムスターの多くは温厚で頭が良い個体が多くても、中には気性の荒い個体や物覚えが悪い個体もいるでしょう。
しかし、愛情を持って接しているとその個体なりになついてくれるものです。
自分のところにやってきた個体の個性を楽しんで可愛がってあげましょう。

スノーホワイトは原種であるノーマルよりも少しデリケートな存在です。

ジャンガリアンハムスターの本来の色は焦げ茶色のノーマルです。
ノーマルは原種なので最も丈夫で飼育もしやすい固体が多く存在します。
スノーホワイトは突然変異で真っ白になった固体なので、ノーマルに比べると太りやすくデリケートな傾向にあります。そのため体調管理をしっかりとしてあげることが大切です。
パールホワイトやサファイア、プディングも突然変異した個体を交配して作られた種類なので同じ事が言えます。

ハムスターを初めて飼うという場合には、まずは最も丈夫なノーマルをおすすめします。