ハムスターを同じケージで2匹飼いはできる?多頭飼いの難しさ

ハムスターが何匹も丸まって眠る姿は本当に可愛らしいですよね。また1匹飼っていると、もう1匹迎い入れたい気持ちにもなりがちです。

そこでハムスターは同じケージで2匹飼いすることはできるのか?多頭飼育についてご紹介をいたします。

2匹目のハムスターを迎え入れる前に、ぜひハムスターの生態、多頭飼いについて知って参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターのなつかせ方のポイントを抑えて手乗りにしましょう。

ハムスターはとても怖がりな生き物なので、自宅に迎えてなつくまでにはかなり時間がかかります。個体差はあ...

ハムスターがケージをかじる原因を推察して対策を施しましょう。

ハムスターがケージをかじる原因は「飼育ケース内の環境に不満がある。外に出たがっている。おやつを要求し...

【冬場のハムスター飼育】ヒーターの必要性と使い方について

ハムスターは寒さに弱い動物です。そのためハムスターを飼育している方は動物用のヒーターを冬場に使用して...

ジャンガリアンハムスターのオスメスの見分け方と性格の違い

ジャンガリアンハムスターをお家で飼育しようと決めたら、オスメスのどちらが良いか性別を気にする方もいら...

ハムスターの歯を自分でカットは危険!危険な理由と対処方法

ハムスターの歯が伸びているように感じることはありませんか。歯が伸びすぎると不正咬合となり、上手に餌を...

ハムスターおなら?ハムスターが発する音の原因について

ハムスターを飼い始めると小さな姿が可愛く、ハムスターの行動に一喜一憂してしまいます。ハムスタ...

アーモンドが大好物!ハムスターが食べても良いアーモンド

ハムスターのおやつには何をあげていますか?ハムスターはひまわりの種やアーモンドなどの種子類が大好物。...

ハムスターに与える食事の量は不足しないように多めに与えます。

ハムスターは飢えに弱く必要以上に食べ過ぎない動物なので、食事の量は不足しないように多めに与えることが...

ハムスターの擬似冬眠と生命を失った状態の見分け方。

ハムスターは冬眠しない生き物であると言われています。ハムスターの擬似冬眠という言葉があり「冬眠」とい...

ハムスターを飼うならなつきやすい種類を選ぶと可愛さ倍増!

ハムスターは小さくてあまり鳴かないので、犬や猫を飼えないマンションでも飼う事が可能である場合が多くあ...

小さくて可愛いロボロフスキーハムスター!その性格について

ハムスターを見ていると、ひときわ小さく可愛らしいロボロフスキーハムスターに目が止まります。そ...

【ハムスター】パールホワイトの特徴と飼い方の注意点

可愛らしいハムスターはペットを始めて飼うという方でも飼いやすく、子供から大人まで人気のペットです。...

【ロボロフスキーハムスターの飼い方】性格や注意点など

さまざまな種類のいるハムスターの中でも、一際体が小さいロボロフスキーハムスターは、他のハムスターより...

ハムスターがうっとり?ブラッシングの必要性と注意点をご紹介

ハムスターがとっても気持ちよさそうに、ブラッシングされている写真や動画を見たことありませんか?...

ハムスターを散歩させるサークルを手作りしてみましょう。

ゴールデンハムスターには散歩が不可欠で、ジャンガリアンハムスターでも60cmよりも小さい飼育ケースで...

スポンサーリンク

ハムスターを同じケージ内で2匹飼いするのはNG

ハムスターは臆病な動物として知られていますが、その反面ハムスター間での縄張り意識が強く、一緒の空間で暮らすことが苦手な動物です。

同じケージに2匹ハムスターを入れて仲良く暮らすということはとっても難しい

ケージの中で他のハムスターのニオイを察知すると、縄張りに入ってきたと感じ排除しようとするでしょう。

動物の縄張り争いは人間のケンカとは違い、これから生きていく上で大切な行為の1つです。そのため手加減をすることはなく、ときには生命の危険をかえりみず自分の縄張りを守ろうとします。

そしてどちらが負けても、その後仲良く生活をすることは難しく、縄張り争いに負けた方は大きなストレスを抱えて生活をしていかなくてはいけません。

ハムスターの2匹飼い、種類の違うハムスターはもってのほか

ハムスターを現在飼育している方は、違う種類のハムスターも飼ってみたい。そう思ってしまうこともあります。

できれば同じケージに入れて飼育したい。そう考える場合も。

ですが上記したようにハムスターを同じケージに入れて飼育することは、同種類であってもとっても難しいことです。

これが他の種類となると、違う動物を同じケージで飼育するのと同様、喧嘩になることは必然です。絶対にやめましょう。

喧嘩といっても動物同士の喧嘩は、これから生きていく上で最も重要な縄張りを決める真剣な戦いです。

普段は小さくて可愛いハムスターでも、いざ喧嘩が始まると飼い主さんが引き離すことも容易いことではありません。

大切なハムスターが大怪我をしないよう、最初から同じケージに入れず別々に飼育をすることがベストです。もちろん違い種類のハムスターは同じケージには決して入れないでください。

ハムスターを2匹飼いするならケージは一つずつ用意

複数のハムスターを飼育したい場合は、同じケージで飼育することを諦め、一匹ずつにケージを与えてください。

飼い主さんもハムスターの怪我を心配することなく、複数のハムスターを安心して飼育することができます。

ですがこの場合も注意点が1つ。

ケージの置き場所には注意をしてください

動物は人以上にニオイに敏感で、縄張りもマーキングしたニオイで判断をします。

ケージが近すぎたり、トイレの場所が近いとストレスに感じたり、縄張り内に侵入されたと思い穏やかに過ごすことができなくなってしまいます。これではケージを2つにした意味が無くなってしまいます。

ケージの置き場所はある程度離すこと、ケージ内のトイレの位置にも注意をしてください。

また脱走して違うケージに入り込まないよう、脱走対策も万全にしなくてはいけません。

ペットショップでハムスターが同じケージで過ごせる理由について

ハムスターは同じケージ内に2匹で飼育することは、とっても難しいとお話をしましたが、ペットショップではなぜたくさんのハムスターが同じケージ内で、喧嘩もなく過ごすことができるのでしょうか。

それはハムスターの自我に関係をしていて、小さな赤ちゃんハムスターには縄張り意識が、まだ存在していないことが理由です。

段々と成長をしていくことで、自分の縄張りに対しての意識が大きくなり、自分のテリトリーに他のハムスターが立ち入ることを嫌います。

ペットショップで大丈夫なら、お家でも問題なし。と自己判断をせずに、ハムスターの健康、ストレスのない生活を過ごせるよう、同じケージ内での多頭飼いはやめましょう。

どうしてもハムスターを同じケージで2匹飼いとき

同じケージ内でどうしてもハムスターが仲良く過ごしているところを見たい。そのような願望がある場合、飼育する種類などによって可能となることも。

そこで同じケージ内で多頭飼育を上手くいかせる数少ない方法についても、ご紹介をしていきたいと思います。

できるだけ縄張り意識の少ない種類のハムスターを選ぶこと

最もよくペットショップで見かけるゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスターは、縄張り意識の強いハムスター。同じケージ内で飼育をするのはやめましょう。

ではどの種類のハムスターなら可能性があるかというと、小さなハムスターで観賞用がベストとされているロボロフスキーハムスター。このハムスターが一番縄張り意識が低いとされていて、同じケージ内での多頭飼育の可能性があります。

とはいっても絶対にうまくいくかというとそうではありません。上手くケージ内で過ごせるようにするためには工夫も必要です。

狭いケージはNG

多頭飼育ができる種類でも、ケージが狭いと自分のスペースを失いストレスを溜めてしまいます。ハムスターが狭さを感じない、ゆとりのあるケージを用意して下さい。

巣箱やトイレは1匹に付き1つずつ

巣箱やトイレは自分のニオイがすることで安心して過ごすことができるため、ケージ内に1つずつ、ハムスターの数だけ用意をしましょう。

小さな頃から一緒にいることも大切

まだ幼いうちは縄張りを意識することもありません。大きくなってから一緒にするのではなく、小さな頃から同じケージで飼育し、違和感がないよう、少しでも警戒心を減らすことができるようにしてあげましょう。

できれば上下関係が確定しにくい3匹以上

2匹だとどちらが上か、上下関係がはっきりしてしまうことが多く、下になったハムスターはストレスを抱える原因になってしまいます。

できれば3匹以上を目安に、小さな頃から一緒に過ごさせるのが、上手く生活をさせるポイントの一つだと言えます。

繁殖させる意識がないのなら同性同士

ハムスターはすぐに大きくなり、繁殖ができるようになります。ハムスターは一度にたくさんの子どもを生むので妊娠してしまうと、ハムスターの数は一気に倍増。同じケージ内で飼育する事も無理になってしまいます。小さな頃に性別を判断することは難しい動物ですが、この点にも注意をしましょう。

もともとハムスターは多頭飼育が向かない動物です。ロボロフスキーハムスターであっても、上手くいかないことがあります。様子を見て無理だと感じたら、すぐにケージを分けて安心して過ごせる場所を提供してあげてください。