ハムスターの夏場の温度対策、エアコンを使わない対策もご紹介

ペットを飼育していると困ってしまうのがお留守番。特にお部屋が暑くなる夏場は、留守の間の温度管理にも頭を悩ませます。

ハムスターも飼育をする上では温度管理は重要なポイント。暑すぎても寒すぎても快適に暮らすことはできません。

そこでここではハムスター飼育の夏場の温度、エアコンの必要性や、エアコンを使用しない場合の温度対策についてご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

なつきやすいと人気のハムスターはゴールデンとジャンガリアン

ハムスターは小動物特有の細かい動きで、ハムスター好きにとっては見ているだけで愛らしくてたまらない存在...

【ハムスターの飼い方】初心者が覚えておきたい飼育の基本

初めてペットを飼うという方にも人気のハムスター。お世話もしやすく、日中留守がちという方でも飼いやすい...

全身の毛が白いハムスターのスノーホワイトを飼ってみましょう

ジャンガリアンハムスターはとてもなつきやすく頭も良いのでゴールデンハムスターと並んで人気のあるハムス...

ハムスターを飼うならなつきやすい種類を選ぶと可愛さ倍増!

ハムスターは小さくてあまり鳴かないので、犬や猫を飼えないマンションでも飼う事が可能である場合が多くあ...

ハムスターがうっとり?ブラッシングの必要性と注意点をご紹介

ハムスターがとっても気持ちよさそうに、ブラッシングされている写真や動画を見たことありませんか?...

ハムスターが運動をしないと肥満が心配?運動方法と食事について

ハムスターはちょこまかと動き回るイメージがありますが、うちのハムスターは寝てばっかりで運動をしないと...

ハムスターおなら?ハムスターが発する音の原因について

ハムスターを飼い始めると小さな姿が可愛く、ハムスターの行動に一喜一憂してしまいます。ハムスタ...

【ハムスターのトイレトレーニング】トイレを覚えない理由と対策

ハムスターはしつけをしなくてもトイレを覚えると聞いたことありませんか。トイレを覚えてくれると掃除も随...

ハムスターのなつかせ方のポイントを抑えて手乗りにしましょう。

ハムスターはとても怖がりな生き物なので、自宅に迎えてなつくまでにはかなり時間がかかります。個体差はあ...

【冬場のハムスター飼育】ヒーターの必要性と使い方について

ハムスターは寒さに弱い動物です。そのためハムスターを飼育している方は動物用のヒーターを冬場に使用して...

ハムスターの歯を自分でカットは危険!危険な理由と対処方法

ハムスターの歯が伸びているように感じることはありませんか。歯が伸びすぎると不正咬合となり、上手に餌を...

小さくて可愛いロボロフスキーハムスター!その性格について

ハムスターを見ていると、ひときわ小さく可愛らしいロボロフスキーハムスターに目が止まります。そ...

ハムスターを飼う費用を安くする方法と注意が必要な点

ハムスターを飼う費用はどのくらいかかるのか、ペットをほしいと考えたら、その費用が気になるのは当然です...

【ロボロフスキーハムスターの飼い方】性格や注意点など

さまざまな種類のいるハムスターの中でも、一際体が小さいロボロフスキーハムスターは、他のハムスターより...

家にやってきたハムスターが水を飲まない理由と対処方法

お家に迎え入れたハムスターが水を飲まない。お水や餌はハムスターの健康に直に関係する重要な点。それがで...

スポンサーリンク

ハムスターの適温とお部屋の温度設定が必要な理由

ハムスターをすでに飼育している方なら、ハムスターは自分で温度管理をすることが苦手だと言うことはご存知だと思います。

しかしその理由はと言われると、答えることは難しいですよね。

実はハムスターは汗をかくことがありません

私達だとある程度の暑さなら、汗をかいて熱を放出することで自然と体温を調節しようと体が働きます。

ですがハムスターは汗をかくことがないので、体の熱を放出することが難しくなります。体を覆う毛はたくさんの他の動物と同じように、暑い時期と寒い時期で生え換わりがありますが、それだけでは温度調整をするには不十分。

ペットとして飼育する場合はお部屋の温度で調整をしてあげる必要があります

そのため飼育する部屋の温度は、寒すぎず暑すぎず適温を保つ必要があります。20度から25度を目安に、できれば人が過ごしやすいと思える温度を目指してください。

暑さが厳しい地域ならハムスターにもエアコンを使用できれば安心

部屋の温度を下げるために最も有効で、利用するのがエアコンです。

エアコンがあれば温度も湿度も快適に保つことが可能

ですが日中、お仕事に出かけている間、人がいないのにハムスターのためだけにエアコンを使用するのは気がひける、また経済的な理由でも難しいと思う方もいらっしゃると思います。

夏場もそれほど気温が上がらず、涼しい地域にお住まいの方なら、毎日エアコンを利用しなくてもケージの中の温度を下げる方法はあります。

ですが、夏場外の温度が30度近くになり、部屋の温度はそれ以上になるような場合、やはりエアコンを使用するのが一番、ハムスターの健康面を考えると安心することができるでしょう。
ハムスターは28度を超えると、生きていくことが難しいと言われています。お部屋やケージの中の温度が28度に達する場合は、何らかの対処、エアコンを使用することをおすすめします。

ハムスターにエアコンを使用できない場合の対処方法

暑さが厳しくない地域にお住まいの方は、お家にエアコンがついていない場合もあったり、またエアコンがついていても日中誰もいないため、エアコンをつけておきたくないと考える場合、短時間お家を留守にするだけのときのためなど、簡易的にエアコンを使わずハムスターのいるケージを冷やす方法についてご紹介をいたします。

保冷剤の使用

大きな保冷剤をケージの天井部分にのせて温度を管理します。冷たい空気は下へ下へと流れていくので、ケージ内の空気を冷やすことが可能です。凍っている保冷剤はタオルに包んでケージ内を濡らさないようにしましょう。

ハムスターのいつもいる巣箱の横にケージの外から保冷剤をおいてもOKです。

この場合ケージ全体を囲わず、ハムスターが涼しすぎると感じた場合の逃げ場も確保してあげることが大切です。

市販品を利用

ハムスター用の夏場の暑さ対策として、ひんやりとした巣箱やプレートなどが販売されています。ハムスターの好みもあるようですが、市販品の冷却グッズを利用してみるのも一つの方法です。

夏場はハムスターのケージの置き場所にも注意を

お部屋の中は場所によって温度が異なります。また直接日光を浴びるのと、日陰にいるのでも違いがあることは一目瞭然です。

そこで夏場はハムスターのケージの置き場所にも注意をしてください。

日のあたる場所は避けて日陰の少しでも涼しい場所を探す

上部には温かい空気が流れ込むので、なるべく低い場所にケージを置く。

床の直置きは、足音の振動などがダイレクトに伝わるので、ケージの置き場所には適していません

またお部屋の中の温度が上がりにくいように、カーテンを閉めたりすだれを利用して、日光の熱をお部屋に取り込まないようにすることも、対策として効果が得られます。

どの場所が一番温度が上がりにくいか、実際に温度計を使って測ってみましょう。良い置き場所を必ず見つけることができるはずです。

扇風機はNG?ハムスターには使用しないほうが良い理由

夏場はクーラーを使わずとも、扇風機でも十分に涼しさを感じることができます。ハムスターも風を感じられれば、涼しくなるかもと考えてしまうかもしれませんが、それは間違いです。

そもそも最初にお話をしたように、ハムスターは汗をかいて体温を調整しません。

汗をかかないということは風を受けても冷たく感じないため意味がない

さらにはハムスターは風で敵の気配を感じる、本来の野生の習性が残っています。そのため風は心地よいものではなく、ストレスになってしまいます。

ケージを換気口や窓の近くに置かないのが良いとされているのも、音に敏感なこともありますが、入り込む風がストレスを生むことも理由の一つです。

扇風機や外からの風だけでなく、エアコンの風も直接当たらないように、十分に気をつけてあげてください。

動物は当たり前ですが話すことができず、意思の疎通が難しいものです。特にハムスターなどの小動物の気持ちはわかりにくく、飼い主さんはその時々で快適に過ごせているかを、考える必要があります。温度はハムスターの健康に関わる重要な点です。体調が悪くなる前に必ず対処をしてあげてください。