【ハムスターの飼い方】初心者が覚えておきたい飼育の基本

初めてペットを飼うという方にも人気のハムスター。お世話もしやすく、日中留守がちという方でも飼いやすいペットです。
これからハムスターを飼い始めたいという時には、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?
そこで、初心者が覚えておきたいハムスターの飼い方や、選び方についてご紹介します。
新しい家族を迎えるために、飼い方の基本を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターがケージを齧るのはストレスから?原因と対処方法

お家のハムスターと仲良くなったのに、ある時からケージを齧るように。ケージを齧るのはストレスからと言わ...

ジャンガリアンハムスターのオスメスの見分け方と性格の違い

ジャンガリアンハムスターをお家で飼育しようと決めたら、オスメスのどちらが良いか性別を気にする方もいら...

【ロボロフスキーハムスターの飼い方】性格や注意点など

さまざまな種類のいるハムスターの中でも、一際体が小さいロボロフスキーハムスターは、他のハムスターより...

ハムスターを散歩させるサークルを手作りしてみましょう。

ゴールデンハムスターには散歩が不可欠で、ジャンガリアンハムスターでも60cmよりも小さい飼育ケースで...

ハムスターの散歩時間は30分を目安にして自分で決めさせます。

ハムスターに散歩をさせるといってもどのくらいの時間させたらよいのか悩む場合があるでしょう。ハムスター...

ハムスターの生態から知る最適なケージの置き場所をご紹介

ハムスターは一日をほぼケージの中で過ごします。そのためケージの置き場所は、ハムスターを飼育する上でと...

ハムスターの老化が始まるのはいつ?一般的な寿命と老化

ハムスターは知っての通り、私達に比べるとその生涯はとっても短く、一緒にいられる時間は限られています。...

全身の毛が白いハムスターのスノーホワイトを飼ってみましょう

ジャンガリアンハムスターはとてもなつきやすく頭も良いのでゴールデンハムスターと並んで人気のあるハムス...

ハムスターに与える食事の量は不足しないように多めに与えます。

ハムスターは飢えに弱く必要以上に食べ過ぎない動物なので、食事の量は不足しないように多めに与えることが...

ハムスターの性格の見分け方、人懐っこい子は自分から寄ってくる

ハムスターは縄張り意識が高く警戒心が強い動物です。急に触ったり、仲間と認識しない人間には噛み付く...

ハムスターの夏場の温度対策、エアコンを使わない対策もご紹介

ペットを飼育していると困ってしまうのがお留守番。特にお部屋が暑くなる夏場は、留守の間の温度管理にも頭...

ハムスターがケージをかじる原因を推察して対策を施しましょう。

ハムスターがケージをかじる原因は「飼育ケース内の環境に不満がある。外に出たがっている。おやつを要求し...

ハムスターの擬似冬眠と生命を失った状態の見分け方。

ハムスターは冬眠しない生き物であると言われています。ハムスターの擬似冬眠という言葉があり「冬眠」とい...

ハムスターの好きな食べ物は?健康を考えた食生活についてご紹介

ハムスターを飼育していると、日に日に懐いて可愛い姿を見せてくれるように。そうなると飼い主さんはさらに...

ハムスターの歯を自分でカットは危険!危険な理由と対処方法

ハムスターの歯が伸びているように感じることはありませんか。歯が伸びすぎると不正咬合となり、上手に餌を...

スポンサーリンク

初心者でも飼いやすいハムスターの種類と選び方

ハムスターを迎える時には、ペットショップに行って選ぶ方が多いと思います。
ただ、ハムスターは基本夜行性の生き物です。日中、ペットショップにハムスターを見に行っても、ケージの隅に重なるように寝ていて、あまり動き回る様子は見れません。
ですので、夜行性のハムスターはできれば夕方などの遅い時間に行って、元気に動いている子を探すのがおすすめです。
ここでチェックして欲しいのは、耳がピンと立っているか。耳がしっかりと立っていること、歩き方がおかしくないこと、目が腫れたりしていないことを確認して下さい。

初心者にも人気のハムスターの種類をご紹介していきます。

ジャンガリアンハムスター

ハムスターの中でも小さな種類で、色もさまざまです。一番多く見るのは、茶褐色で背中の部分が薄っすらストライブに見えるスタンダートカラーのタイプ。
薄いブルーグレーをしたのはブルーサファイヤと言われます。
また、白い色をしている場合には、背中にストライプがある毛色とない毛色もあります。

ゴールデンハムスター

この種類も人気のハムスターです。ジャンガリアンよりも少し大きめで体が大きな分、脳も発達していて賢さも人気の秘密です。
穏やかな性格で、初めてハムスターを飼うという方にもおすすめです。

キンクマハムスター

先程のゴールデンハムスターを改良した種類で、野生には存在しないハムスターです。ふわふわの毛が可愛らしく、まるで小さなクマのぬいぐるみ。
性格も、ゴールデンハムスターがベースなので、同じように温厚な性格を持ちます。

ハムスターの飼い方、初心者が揃えるべき飼育のためのアイテム

ハムスターを飼うことが決まったら、ハムスターの安全な家を作ってあげましょう。

ケージ

ハムスターを飼う時には、まずケージを選びます。
いろいろなタイプがあり、メリット・デメリットもそれぞれにありますので、置き場所などを考え選びましょう。

エサ箱

軽い素材の容器は、活発なハムスターにすぐにひっくり返されてしまいます。ある程度重みがあり安定性の高い容器を選んで下さい

給水器

すぐに水が飲めるように、新鮮な水を入れる給水器も忘れずにセットして下さい。水の交換を忘れてしまうと、不衛生になってしまいますし、空になる心配もあります。

回し車

ハムスターにはかなりの運動量が必要。体の大きさに合せたサイズを選ぶのがポイントです。

巣箱

隠れてハムスターが落ち着ける場所を準備します。こちらもサイズに注意して選びましょう。

トイレ

これは、個体差によりトイレを覚える子もいれば、覚えられない子もいます。念のため準備しておくと安心ですね。

床材

ケージの下には床材を敷き詰めます。口に入っても安全な素材の、木くずやペーパーチップなどが人気です。

初心者が覚えておきたいハムスターの飼い方で基本になるエサの与え方

ハムスターのエサというと、種を食べているイメージを持つ方が多いと思います。
しかし、種などは多くの脂肪分が含まれているので、食べ過ぎると太り過ぎになってしまいます。
ひまわりの種などは、おやつとして与えるくらいにして、普段は市販のハムスターのエサを主食として適切な量を与えます。

また、雑食性なので野菜も食べます。
さつまいもやにんじん、かぼちゃなども大好きですね。

絶対に与えてはいけない食べ物もあります。
チョコレートやアボカド、玉ねぎ、長ネギなどはハムスターには与えないで下さい。

ハムスターの気になる臭いや騒音について

賃貸住宅のアパートやマンションでハムスターを飼おうと思っている方も多いと思います。
ここで気になるのがハムスターの臭いと騒音の問題です。
ハムスターのフンは犬や猫のフンのように臭いは強くありませんが、尿の方が臭いが気になることがあります。
床材やトイレが汚れている時には、早めに取り替え、室内に臭いがこもらないようにしましょう。

鳴き声は、ほとんど気になりません。まれにエサが欲しい時や、怒っている時に声を出すことはありますが、ほぼ心配ありません。
音で気になることと言えば、回し車の音かもしれません。寝室で飼う場合には静音タイプの回し車を選ぶと良いでしょう。

ハムスターの飼い方では温度管理が重要

ハムスターを飼う時には温度管理も重要なことです。
ハムスターにとって快適に感じる温度は、私達人間と同じくらいの温度で、あまりに高い温度も苦手なので、直射日光の当たる場所には置かないようにして下さい。

また、寒さにも弱い生き物です。
室温が下がりすぎると疑似冬眠に入ってしまうこともあり、命に関わることもあります。夜間や日中誰もいなく室温が下がりすぎる場合には、ハムスター用のヒーターを使い、体温を調整しましょう。

ハムスターのヒーターには、さまざまなタイプがあります。保温が必要な時間の長さや、設置方法などを考慮して選んで下さい。