ハムスターを飼う前に準備する物リスト!快適な暮らしの為の用意

ハムスターを飼うことになると、まずは事前に色々準備しなければいけません。

ケージに回し車に、床材はどうしたらいい?と、買ったことのない人から見たら何をどう用意したら良いのかわからないでしょう。

小さいなペットでも用意するアイテムはたくさん。

そこで、新しくペットとして迎えるハムスターが快適に暮らせるために何を準備するべきかをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターの散歩時間は30分を目安にして自分で決めさせます。

ハムスターに散歩をさせるといってもどのくらいの時間させたらよいのか悩む場合があるでしょう。ハムスター...

スリムで賢いチャイニーズハムスター飼い方ガイド!性格や注意点

ハムスターの中でも賢くてスタイルの良さが人気のポイントのチャイニーズハムスター。ハムスター初...

ハムスターがケージを噛む理由と噛み癖を直す方法について

ハムスターが急にケージを噛むようになると、飼い主さんとしては心配になってしまいます。鉄のケー...

【冬場のハムスター飼育】ヒーターの必要性と使い方について

ハムスターは寒さに弱い動物です。そのためハムスターを飼育している方は動物用のヒーターを冬場に使用して...

ハムスターの生態から知る最適なケージの置き場所をご紹介

ハムスターは一日をほぼケージの中で過ごします。そのためケージの置き場所は、ハムスターを飼育する上でと...

ハムスターの寒さ対策を始める目安と具体的な防寒アイテム

ハムスターを飼う上で忘れてはいけないのが、寒さ対策です。もちろん、住んでいる地域により条件は違います...

【ハムスターの飼い方】初心者が覚えておきたい飼育の基本

初めてペットを飼うという方にも人気のハムスター。お世話もしやすく、日中留守がちという方でも飼いやすい...

ハムスターの性格の見分け方、人懐っこい子は自分から寄ってくる

ハムスターは縄張り意識が高く警戒心が強い動物です。急に触ったり、仲間と認識しない人間には噛み付く...

ハムスターは一人暮らしにおすすめ!その理由とお世話のコツ

一人暮らしでペットを飼育してみたいと思っても、お世話が大変だったり、一緒にいる時間が少ないと敬遠しが...

ハムスターのトイレのしつけ方はトイレを使う環境を作ることです

ハムスターのトイレのしつけ方はおしっこの匂いのついた床材をトイレに入れるくらいで、あとはハムスターが...

【ロボロフスキーハムスターの飼い方】性格や注意点など

さまざまな種類のいるハムスターの中でも、一際体が小さいロボロフスキーハムスターは、他のハムスターより...

【ハムスター】パールホワイトの特徴と飼い方の注意点

可愛らしいハムスターはペットを始めて飼うという方でも飼いやすく、子供から大人まで人気のペットです。...

ハムスターの擬似冬眠と生命を失った状態の見分け方。

ハムスターは冬眠しない生き物であると言われています。ハムスターの擬似冬眠という言葉があり「冬眠」とい...

ハムスターを飼うならなつきやすい種類を選ぶと可愛さ倍増!

ハムスターは小さくてあまり鳴かないので、犬や猫を飼えないマンションでも飼う事が可能である場合が多くあ...

ハムスターの脱毛を見逃さないで。背中に表れた時の原因について

ペットを飼っているとかわいいだけではありません。命ある以上、体調を崩すことや異変が見られることも...

スポンサーリンク

ハムスターを買う前の準備で必要なものは住む家

ハムスターは犬や猫のケージと違って住む環境を作るのに時間がかかります。

そのため、ハムスターを迎え入れる前に住居は用意してあげましょう。

飼う前の準備として必要な物も多いので一個一個挙げていきます。

ハムスターの個性に合ったケージ

ケージは金網のものと水槽型のものとプラスチック製のものの3種類あり、大きさも色々違います。

金網のものは通気性に優れていて湿気に弱いハムスターには気持ちの良い環境になりますが、金網をハムスターがかじることがあります。

脱走を心配するなら水槽タイプ一番安全なのですが、通気性が悪いので空気がこもりやすいです。

また、厚いガラスなので水槽は重たく、ケージを移動するたびに力仕事となります。

プラスチック製のものは初心者向けのやさしいケージで、最初からエサ箱や回し車がついているものもあります。

デメリットとしてはサイズが限られているので、大きなハムスターや広いところを好むハムスターには使えません。

ケージに敷き詰める床材も用意する

野生のハムスターは穴を掘って地下に潜る習性があります。

そのため、ケージも潜りやすいように床材を敷き詰めなければいけません。

床材に使うのはウッドチップペーパーチップか広葉樹パルプ材です。

一般的なのはウッドチップで、価格がとても安いので入れ替えるときに出費が気にならないのが特徴です。

しかし中にはアレルギー反応の出る子もいます。

針葉樹よりも広葉樹の方がアレルギーが出にくいとは言われていますが、もしも体質が心配ならペーパーチップを使いましょう。

アレルギー反応が出にくいため安心なのですが、ウッドチップよりも値段が高いです。

ただし、ウッドチップよりも汚れた場所が見つけやすいので、その部分だけ交換すれば良いと考えると消費量はウッドチップよりも抑えられるかもしれません。

広葉樹パルプとウッドチップを混ぜて床材を作る方法もあります。

ふわふわな材質なので、広葉樹でアレルギーの心配がなければこちらもペーパーチップのように白くて柔らかいので使いやすいです。

ハムスターには回し車が必須アイテム

野生のハムスターの運動量はとても多いです。

天敵から逃れるためや食糧を探すために、一日長い距離を走ります。

その習性を満たすために回し車が必要です。

回し車は、プラスチック製のケージなら最初から付いていることもありますが、ハムスターの体の大きさに合わせた回し車が必要なので備え付けのは合わないということもあります。

人気種のゴールデンハムスターなら17~21cm、小型のハムスターなら15cmくらいの回し車が必要です。

ハウスはハムスターが身を隠せるようなものする

ハムスターは巣箱で過ごす時間が長いです。

そのため、快適に過ごせるものを選ばなければいけません。

巣箱を選ぶならハムスターが3匹入れるくらいの大きさの物を選びましょう。

また、床はあっても無くてもかまいません。

というのも、ハムスターは地下に潜る習性があるため、巣箱スペースに深く潜って過ごすこともありますし、暑ければ床材のうえでゴロンと転がって涼むこともあります。

ハムスターは成長が早いので、最初から大人サイズの巣箱で用意して構いません。

木で出来た巣箱の場合はかじられるのでボロボロになったら買い替えましょう。

ハムスターを買うならご飯も一緒に準備する

住処と一緒に必要なのがご飯です。

ハムスターの主食はペレットなので一緒に準備しましょう。

最初は小粒で、成長に合わせて大きな粒のものにしていきます。

エサ箱は陶器だとこぼしにくくなる

エサ箱がプラスチックのものだと、ふとした拍子にひっくり返されてペレットがケージ内に散乱してしまうことがあります。

陶器のもので小さいものにするとひっくり返されにくくなるので、深すぎない小さな陶器のエサ箱を用意しましょう。

ちなみにハムスターのご飯は常に入っている状態が理想です。

お掃除のタイミングなども見計らって清潔に保ちながらエサを補給しましょう。

水は給水器を使うと安全

水も容器に入れて置いておくとケージの中でひっくり返されます。

ペレットよりも始末が面倒なので、吸口のある給水ボトルをケージの外側から取り付けましょう。

自分の飲みたいタイミングで水が飲めて安全です。

ハムスターを飼うなら室内温度も快適な温度で準備する

ハムスターの適温は20~22℃で、湿気は50~60%くらいが理想です。

湿度に弱いのでケージの中はこもった空気にならないようにしましょう。

また、春先や冬場は15℃以下にならないようケージの中を暖めてください。

ハムスターは冬眠する生き物ではないのですが、寒いところにいたり暗い部屋にいると低体温症になってしまい、疑似冬眠をしてしまいます。

呼吸も少なく心拍数も減り、何より体が冷たいので亡くなってしまったと勘違いする人も多いです。

実際にそのまま亡くなってしまう子もいるので対処は慎重にしなければいけません。

ホットカーペットの上や暖かいペットボトルの上でゆっくり温めてあげるのが正しい対処法で、急激に温めると逆に負担がかかってしまって亡くなってしまいます。

そもそも疑似冬眠を起こすことを防ぐのが最善なので、ケージ内はいつもあたたかくしましょう。

しかし、ケージ内を全面的に暖めるのではなく、暑くなったときの避暑対策のため一箇所だけ暖めない場所も作る事が重要です。

温度管理は大事なのでケージ内やケージのそばに温度計と湿度計も置きましょう。

ハムスターを飼うならトイレも準備するが覚えられない子もいる

ハムスターはトイレと住居をきっちり分け、それぞれ同じ場所で固定する子が多いのでトイレも用意します。

タッパーなどで代用しても良いのですが、専用のトイレ容器の方が砂が飛び散りにくくなっているので掃除が楽です。

ただし小さすぎると砂の交換が大変なので、適度な大きさもあった方が良いでしょう。

トイレでするのはおしっこだけ

ハムスターがきちんとトイレでするのはおしっこだけで、ウンチはケージ内のあちこちでします。

そのためウンチの始末はケージ全体を見ながらしなければいけません。

また、中にはおしっこでもトイレを覚えられない子もいます。

体調の変化に気付きにくかったり、ケージ内の衛生面も気になるので、おしっこのついた床材をトイレに入れるなどして覚えてもらうようにしてみましょう。トイレは基本的に四隅のどこかにある方がハムスターにとっては自然です。

ハムスターにとって快適な環境を準備してお迎えしよう

ハムスターはずっとケージの中で過ごします。

そのため、そのケージの中が快適でないとリラックスして過ごせません。

最初は慣れない場所というのもあるかもしれませんが、飼い始めは特によく様子を見るようにしましょう。

また、ハムスターは一部の種を除いては基本的に多頭飼い出来ない生き物です。

小さなハムスターが集まって丸くなる姿は可愛いのですが現実的にはほとんど不可能で、同時に2匹飼いたいならケージは2つ用意が必要で、しかもそれぞれのにおいが届かない程度に離して飼わなければいけないので家の広さなどを考えてから検討しましょう。

多頭飼いの出来る種もいますがあまり初心者向きではないので、まずは1匹飼ってハムスターに慣れることから始めましょう。