【ハムスター】パールホワイトの特徴と飼い方の注意点

可愛らしいハムスターはペットを始めて飼うという方でも飼いやすく、子供から大人まで人気のペットです。
そこでパールホワイトハムスターの特徴や飼い方、注意点などについてご紹介します。
小さくてクリクリとした瞳に、可愛らしいちょこまかとした動き。子供でなくても、ついついじーっと見てしまいます。
ハムスターとの生活を始めるために、覚えておいて欲しいことをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【ハムスターのトイレトレーニング】トイレを覚えない理由と対策

ハムスターはしつけをしなくてもトイレを覚えると聞いたことありませんか。トイレを覚えてくれると掃除も随...

ハムスターがケージを噛む理由と噛み癖を直す方法について

ハムスターが急にケージを噛むようになると、飼い主さんとしては心配になってしまいます。鉄のケー...

ハムスターのトイレのしつけ方はトイレを使う環境を作ることです

ハムスターのトイレのしつけ方はおしっこの匂いのついた床材をトイレに入れるくらいで、あとはハムスターが...

ハムスターの爪はカットしなくて大丈夫?伸びすぎた爪について

ハムスターの爪は犬の爪のように、定期的にカットが必要なのか、お家で飼育している方は気になる点ではあり...

【ハムスターの飼い方】初心者が覚えておきたい飼育の基本

初めてペットを飼うという方にも人気のハムスター。お世話もしやすく、日中留守がちという方でも飼いやすい...

ハムスターおなら?ハムスターが発する音の原因について

ハムスターを飼い始めると小さな姿が可愛く、ハムスターの行動に一喜一憂してしまいます。ハムスタ...

ハムスターが巣箱に餌を溜め込むのが心配?溜め込む理由と対処法

ハムスターを飼い始めて慣れてくると、ケージのお掃除もできるようになります。そしてかわいいハムスターの...

ハムスターの夏場の温度対策、エアコンを使わない対策もご紹介

ペットを飼育していると困ってしまうのがお留守番。特にお部屋が暑くなる夏場は、留守の間の温度管理にも頭...

ハムスターを散歩させるサークルを手作りしてみましょう。

ゴールデンハムスターには散歩が不可欠で、ジャンガリアンハムスターでも60cmよりも小さい飼育ケースで...

ハムスターのなつかせ方のポイントを抑えて手乗りにしましょう。

ハムスターはとても怖がりな生き物なので、自宅に迎えてなつくまでにはかなり時間がかかります。個体差はあ...

ハムスターがうっとり?ブラッシングの必要性と注意点をご紹介

ハムスターがとっても気持ちよさそうに、ブラッシングされている写真や動画を見たことありませんか?...

ハムスターの好きな食べ物は?健康を考えた食生活についてご紹介

ハムスターを飼育していると、日に日に懐いて可愛い姿を見せてくれるように。そうなると飼い主さんはさらに...

ハムスターの擬似冬眠と生命を失った状態の見分け方。

ハムスターは冬眠しない生き物であると言われています。ハムスターの擬似冬眠という言葉があり「冬眠」とい...

ハムスターが運動をしないと肥満が心配?運動方法と食事について

ハムスターはちょこまかと動き回るイメージがありますが、うちのハムスターは寝てばっかりで運動をしないと...

全身の毛が白いハムスターのスノーホワイトを飼ってみましょう

ジャンガリアンハムスターはとてもなつきやすく頭も良いのでゴールデンハムスターと並んで人気のあるハムス...

スポンサーリンク

【ハムスターの飼い方】パールホワイトの特徴

ハムスターの中でもサイズが小さく人気のジャンガリアン。ペットショップなどに行くと、茶色がベースで背中にしま模様があるハムスターを多く見かけると思いますが、ジャンガリアンの毛の色は、いろいろな種類があり10種類ほどになります。
その中でも白い毛が特徴のハムスターをパールホワイトと呼びます。

基本的には、ハムスターはあまり人にはなつかないのが一般的で、中にはなつくハムスターもいますが、個体差が大きい動物です。
元々、警戒心が強いのでゆっくりと時間を掛けて仲良くなりましょう。

また、ハムスターは夜行性なので、昼間は寝ている時間が長くても、夜には活発に動きます。ペットショップに行っても、ケージの隅に重なり合って寝ている姿を見たことがあると思います。

寿命は他のハムスターと同じように、1年半~2年半くらいです。長生きのハムスターの中には、3年くらい生きる子もいるようです。

パールホワイトハムスターの飼い方の注意点

パールホワイトハムスターを始めて飼うという場合には、ハムスターを飼う時の注意点も覚えておく必要があります。

一つのケージに一匹

ハムスターはとても繁殖力が強い生き物です。生後2カ月を過ぎ、オスとメスを同じケージで飼ってしまうと、すぐに増えてしまい、飼い主としては貰い手を探すのにとても大変な思いをします。
また、多頭飼いで相性の合わないハムスター同士だと、エサの奪い合いや、縄張り意識が強く、ケンカになることも少なくありません。

一つのケージには一匹だけ飼うことが基本です。

温度が低くなりすぎないようにする

ハムスターは寒さに弱い動物ですので、冬は室温に注意しなければなりません。夜間や長時間の外出など、部屋が冷え込んでしまう時には、ペット用のヒーターなどを使って、保温してあげましょう。

パールホワイトハムスターの飼い方で一番始めに覚えておくこと

ハムスターは臆病な動物ですので、家に迎えた時には、すぐに一緒に遊びたくなりますが、まずは新しいケージに慣れさせることから始めます。
ハムスターをペットショップで買った時には、箱のような入れ物に入れて連れて帰ってきます。
ハムスターをケージに移す時には、箱のままケージの中に入れておいて、自分のタイミングで出てもらいましょう。

慣れるまでには時間が掛かるので、できれば5~6日くらいはあまり触れないようにするのが良いですね。
この間も、きちんとエサと水のチェックは必要です。

場所に慣れたら、次は飼い主にも慣れてもらいましょう。
ハムスターのおやつを飼い主の手に乗せ、ハムスターに与えてみます。ハムスターは飼い主の臭いも覚えられます。

パールホワイトハムスターに適した回し車の選び方

たくさんの運動量が必要なハムスターにとって、回し車は必ず必要なものです。

回し車にもいろいろなタイプがあり、お店で悩んでしまう方も多いでしょう。

  • 回し車もケージのタイプに合せて選びます。
    金網タイプのケージには取り付けられるタイプが便利です。水槽タイプやプラスチック製などのケージの場合には、自立するスタンドタイプを選びます。吸盤付きなどでしたら、倒れにくいですし、ガタガタする騒音も気になりにくくなるでしょう。
  • 回し車のサイズもいろいろとあり、ハムスターのサイズに合せたものを選ぶのが基本です。
    また、回し車の隙間に足が挟まり、ケガをしてしまうという場合もあります。そのため、隙間のないタイプを選ぶのがおすすめです。
  • ハムスターが回し車で遊ぶ時には、その音が気になることもあります。
    特に寝室にケージを置く場合やワンルールに住む場合には、その音が気になってなかなか寝付けないという方もいます。
    回し車を選ぶ時には「静音タイプ」や「サイレント」など、音が軽減されてるタイプを選びましょう。

ハムスターに与えて良いエサとダメなエサ

ハムスターの主食は、市販のハムスター用のペレットがおすすめです。

栄養バランスが考えられているので、安心です。
固めのハードタイプと、柔らかいソフトタイプがありますが、一般的にはハードタイプを与えます。
年老いたハムスターや、まだ赤ちゃんのハムスターの場合に、柔らかいタイプを用います。
ひまわりの種もハムスターが大好きですが、他にもかぼちゃの種やアーモンドも食べます。
しかし、種は脂質が多いので、与えすぎると太る原因になっててしまいます。
たまに与えるおやつとして考えて下さい。

与えてはいけないエサも覚えておかなければなりません。

トマトやレタスなど、水分の多い食べ物を与えるとハムスターが下痢になりやすくなってしまいます。
また、絶対に食べさせてはいけない食べ物に、玉ねぎ、長ネギ、ニラ、アボカド、チョコレートなどがあります。
これらは食べてしまうと危険ですので、覚えておきましょう。