ハムスターの脱毛を見逃さないで。背中に表れた時の原因について

ペットを飼っているとかわいいだけではありません。
命ある以上、体調を崩すことや異変が見られることもあります。

ハムスターの背中に脱毛症状が出ていたら、いくつもの原因が考えられます。
場合によっては危険な原因が隠れている可能性もあります。

小さなハムスターは、自分の体調について飼い主に訴えることが出来ません。
調子が悪くても、気付いてもらえなければ耐えるしかないのです。

小さな異変でも気付き対応してあげることが飼い主の役目ですから、日頃からハムスターの様子を把握してあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターを飼うならなつきやすい種類を選ぶと可愛さ倍増!

ハムスターは小さくてあまり鳴かないので、犬や猫を飼えないマンションでも飼う事が可能である場合が多くあ...

ハムスターを同じケージで2匹飼いはできる?多頭飼いの難しさ

ハムスターが何匹も丸まって眠る姿は本当に可愛らしいですよね。また1匹飼っていると、もう1匹迎い入れた...

ジャンガリアンハムスターのオスメスの見分け方と性格の違い

ジャンガリアンハムスターをお家で飼育しようと決めたら、オスメスのどちらが良いか性別を気にする方もいら...

ハムスターおなら?ハムスターが発する音の原因について

ハムスターを飼い始めると小さな姿が可愛く、ハムスターの行動に一喜一憂してしまいます。ハムスタ...

ハムスターの散歩時間は30分を目安にして自分で決めさせます。

ハムスターに散歩をさせるといってもどのくらいの時間させたらよいのか悩む場合があるでしょう。ハムスター...

ハムスターの歯を自分でカットは危険!危険な理由と対処方法

ハムスターの歯が伸びているように感じることはありませんか。歯が伸びすぎると不正咬合となり、上手に餌を...

【ネズミとハムスターの違い】ペットとして飼育できない理由

ネズミとハムスターの違いを聞かれたら、なんて答えますか?なんとなく違いがわかっていて、家でネズミをペ...

ハムスターの爪はカットしなくて大丈夫?伸びすぎた爪について

ハムスターの爪は犬の爪のように、定期的にカットが必要なのか、お家で飼育している方は気になる点ではあり...

ハムスターの擬似冬眠と生命を失った状態の見分け方。

ハムスターは冬眠しない生き物であると言われています。ハムスターの擬似冬眠という言葉があり「冬眠」とい...

ハムスターの生態から知る最適なケージの置き場所をご紹介

ハムスターは一日をほぼケージの中で過ごします。そのためケージの置き場所は、ハムスターを飼育する上でと...

ハムスターを飼う費用を安くする方法と注意が必要な点

ハムスターを飼う費用はどのくらいかかるのか、ペットをほしいと考えたら、その費用が気になるのは当然です...

ハムスター「パールホワイト 」の特徴と寿命、飼育方法のポイント

パールホワイトハムスターは、小さなハムスターのジャンガリアンハムスターの一種で全身真っ白の可愛いハム...

アーモンドが大好物!ハムスターが食べても良いアーモンド

ハムスターのおやつには何をあげていますか?ハムスターはひまわりの種やアーモンドなどの種子類が大好物。...

ハムスターがケージをかじる原因を推察して対策を施しましょう。

ハムスターがケージをかじる原因は「飼育ケース内の環境に不満がある。外に出たがっている。おやつを要求し...

ハムスターを散歩させるサークルを手作りしてみましょう。

ゴールデンハムスターには散歩が不可欠で、ジャンガリアンハムスターでも60cmよりも小さい飼育ケースで...

スポンサーリンク

ハムスターの背中の脱毛は皮膚病に感染しているケースが最も多い

ペットを飼っている家庭は多く、これまで以上の笑顔を家族にもたらしてくれる存在です。
飼い主からたっぷりと愛情を注がれて、飼われているペットも幸せなことでしょう。

そして家族一丸となって小さな命を守るので、絆が深まった感覚も出てきます。

しかし、ペットを飼うことは癒やしや喜びばかりではありません。
心配なことや不安に思うことにも直面します。

特にハムスターは表現がそれほど豊かではないので、自分の体調を飼い主に伝えることが出来ません。
飼い主が気付いてあげるしかありません。

それは脱毛の場合も例外ではありません。
ただの生え変わりと甘く考えずに、慎重な判断をして下さい。

ハムスターの背中の脱毛は、皮膚病に感染しているケースが一番多いです。

  • ニキビダニ症
  • 皮膚真菌症
  • アレルギー性皮膚炎

ハムスターの皮膚病にはこの三つが多く、ダニやカビの繁殖や活発化によって脱毛が引き起こされています。

体力が低下したタイミングや生活環境によって症状が出たり悪化することが多く、背中以外の異変も観察してあげて下さい。

ハムスターはストレスや生活環境が背中の脱毛を加速してしまうこともある

ハムスターの背中の脱毛は、皮膚病に感染していることが考えられますが、原因は皮膚病だけではありません。

ハムスターにもストレスはありますし、老化を止めることも出来ません。
人間と変わらないのです。

皮膚病以外の脱毛の原因

老化

かわいらしいハムスターにも老化を止めることは出来ません。
ハムスターの寿命は約3年で、老化のスピードも人間と比べると早いです。

老化するにつれて毛並みのツヤが悪くなったり、薄毛や抜け毛といった症状も起こります。

毛が大量に抜けてしまえば皮膚があらわになり、背中にぽっかり穴が開いたような見た目になります。

外的要因

ハムスターの体調などが原因ではなく、外的な要因で脱毛させてしまうことも全くないとは言えません。

サイズの合わない回し車に体がぶつかってしまう。
床材が刺激が強い・肌に合わない。

生活環境が脱毛させる状態にあれば、ハムスター自身も気付かぬうちに毛が抜けてしまいます。

ハムスターの動きに邪魔になっているものがないか、確認して下さい。

またストレスもハムスターにとって脱毛など体調に変化を与える大きな原因となるので、注意してあげて下さい。

背中の脱毛以外にも異変があった場合は非常に心配

これまで説明してきた原因も心配なことですが、さらなる不安が背中の脱毛に隠れていることも考えられます。

背中の脱毛以外に異変が見られた場合、これは非常に心配です。

背中の脱毛に他の疾患が影響している場合があります。

例えば内臓や腫瘍の肥大によって皮膚に負担がかかり、薄毛や脱毛している場合です。
背中だけではなくお腹まわりにも脱毛が見られることがあるのですが、ハムスターの様子を眺めているだけではお腹まわりはよく見えません。

そのため、背中の脱毛が表れてから気付くということもあります。

元気や食欲がない、排泄物が少ないなど他の異変があれば、内臓に不調を抱えている可能性は高まります。

また、ホルモンバランスの乱れによって脱毛してしまうこともあります。

特に老化したメスに多く、体重にも変化が見られます。

そのまま見守っているだけでは改善しませんし、処置が必要な場合もあります。
専門医の受診が絶対に必要となります。

ハムスターの異変は専門医でしっかり処置してもらうことがベストな方法

先ほども言いましたが、ハムスターには自分の不調を訴えることも治すことも出来ません。
背中の脱毛に限らず、飼い主が気付き対応してくれるしかないのです。

と言っても知識がない飼い主に出来ることは、残念ながら多くありません。
いろいろな原因が考えられる症状だと、原因を特定することすらも難しいでしょう。

ですから、異変の起きているハムスターを専門医の元へ連れて行って下さい。

そしてどんな異変が起きているのか、いつもとどんな様子が違うのか。
普段はどんな環境で暮らして、どんな餌を食べているのか多くの情報を伝えて下さい。

この対応は、一緒に暮らしている飼い主にしか出来ません。

ハムスターの情報が多いほど原因を早く特定することが出来ますし、早く処置を受けることにもなります。
ハムスターの元気な姿を早く見られるために、気になることは忘れないように書き留めておくようにしましょう。

大切なハムスターが健康に暮らせるために出来ること

ハムスターの背中の脱毛は、一気に悪化することは少ないです。
徐々に進行していくので、初期段階ではなかなか気付けません。

しかし、気付いていない間にも脱毛は始まっています。

毛並みの変化やツヤのなさがサインとして見られるので、そんな変化も素通りせずに異変として気付いてあげて欲しいです。

日頃からハムスターの状態を把握していなければ、きっと異変として受け止めることさえないはずです。

大切なハムスターが健康に暮らせるためにも、日頃からハムスターの状態についてしっかり把握しておかなければなりません。それが小さな命を守る努めです。
飼い主としての義務なのです。