ハムスターを飼うならなつきやすい種類を選ぶと可愛さ倍増!

ハムスターは小さくてあまり鳴かないので、犬や猫を飼えないマンションでも飼う事が可能である場合が多くあります。小さいながらもいざ飼ってみるとその存在感は大きく、飼い主を癒してくれる存在となります。見ているだけでも可愛らしく癒されるものですが、なついてくれると可愛さが倍増するのは間違いありません。なついていると世話もしやすくなります。なつきやすい種類のハムスターをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターのなつかせ方のポイントを抑えて手乗りにしましょう。

ハムスターはとても怖がりな生き物なので、自宅に迎えてなつくまでにはかなり時間がかかります。個体差はあ...

ロボロフスキーはなつく?ロボロフスキーの性格と飼育上の注意

ハムスターの中でも珍しく小さな姿が可愛らしいロボロフスキーですが、人になつくのが難しい種でもあるので...

【ハムスターの選び方】相性の良いハムスターを見つける方法

ハムスターは小さくて可愛い動物、ペットショップでひと目で虜になってしまう方もいらっしゃることでしょう...

全身の毛が白いハムスターのスノーホワイトを飼ってみましょう

ジャンガリアンハムスターはとてもなつきやすく頭も良いのでゴールデンハムスターと並んで人気のあるハムス...

【冬場のハムスター飼育】ヒーターの必要性と使い方について

ハムスターは寒さに弱い動物です。そのためハムスターを飼育している方は動物用のヒーターを冬場に使用して...

スリムで賢いチャイニーズハムスター飼い方ガイド!性格や注意点

ハムスターの中でも賢くてスタイルの良さが人気のポイントのチャイニーズハムスター。ハムスター初...

ハムスターを飼う費用を安くする方法と注意が必要な点

ハムスターを飼う費用はどのくらいかかるのか、ペットをほしいと考えたら、その費用が気になるのは当然です...

ハムスターがケージをかじる原因を推察して対策を施しましょう。

ハムスターがケージをかじる原因は「飼育ケース内の環境に不満がある。外に出たがっている。おやつを要求し...

ハムスターが巣箱に餌を溜め込むのが心配?溜め込む理由と対処法

ハムスターを飼い始めて慣れてくると、ケージのお掃除もできるようになります。そしてかわいいハムスターの...

ハムスターを飼う前に準備する物リスト!快適な暮らしの為の用意

ハムスターを飼うことになると、まずは事前に色々準備しなければいけません。ケージに回し車に、床...

ハムスターを散歩させるサークルを手作りしてみましょう。

ゴールデンハムスターには散歩が不可欠で、ジャンガリアンハムスターでも60cmよりも小さい飼育ケースで...

ハムスターは一人暮らしにおすすめ!その理由とお世話のコツ

一人暮らしでペットを飼育してみたいと思っても、お世話が大変だったり、一緒にいる時間が少ないと敬遠しが...

小さくて可愛いロボロフスキーハムスター!その性格について

ハムスターを見ていると、ひときわ小さく可愛らしいロボロフスキーハムスターに目が止まります。そ...

ハムスターに与える食事の量は不足しないように多めに与えます。

ハムスターは飢えに弱く必要以上に食べ過ぎない動物なので、食事の量は不足しないように多めに与えることが...

家にやってきたハムスターが水を飲まない理由と対処方法

お家に迎え入れたハムスターが水を飲まない。お水や餌はハムスターの健康に直に関係する重要な点。それがで...

スポンサーリンク

ペットとして手に入りやすいハムスターは5種類です。

ハムスターの種類は20種類以上存在しますが、ペットとしてよく店頭で見られて手に入りやすいのは次の5種類です。

  1. ゴールデンハムスター
    茶色と白色の混ざった模様の個体が多く、標準的な体長は14~19cm程度で体重は90~150グラム程度です。
    性格はとても温厚で賢く大変なつきやすいです。
  2. ジャンガリアンハムスター
    おなか側は白く背中が灰色や茶色の個体が多く、標準的な体長は6~12cm程度で体重は30~50グラム程度です。
    行動派ですが賢くなつきやすいです。
  3. チャイニーズハムスター
    おなか側は白色で背中は濃い茶色の個体が多く、標準的な体長は8~12cm程度で体重は25~40グラム程度です。
    温厚ですが警戒心が強いのでなつくまでに時間がかかる傾向があります。
  4. ロボロフスキーハムスター
    おなか側は白色で背中は茶と黒が混じっている個体が多いです。標準的な体長は7~10cm程度で体重は20~30グラム程度です。
    人になつきづらくトイレも学習しない個体が殆どです。
  5. キャンベルハムスター
    茶色や灰色で濃さも個体によって様々です。標準的な体長は6~12cm程度で体重は25~40グラム程度です。
    警戒心が強く迂闊に手を出すと噛まれる場合もあります。なつきづらく、ネズミらしいハムスターです。

最も飼いやすくなつきやすいハムスターの種類はゴールデンハムスターです。

ゴールデンハムスターはとても頭がよく性格は穏やかでとてもよく人になつきます。

学習能力も高いのでトイレもよく覚えます。
ハムスターを絵に描くと最も多く描かれるのはゴールデンハムスターでしょう。ぬいぐるみやキャラクターにはゴールデンハムスターをモデルとする場合が多く、実際にペットとして飼われるハムスターで一番多いのはゴールデンハムスターでしょう。

ペットとして人気のある5種類のハムスターの中で断然大きく、そのため丈夫で飼いやすいのも人気の一因です。

「本当は犬や猫を飼いたいけれども住居的な問題などでハムスターにする。抱いたり撫で応えのあるペットが欲しい。」という方には大きくてボリュームのあるゴールデンハムスターがおすすめです。
また、小さい子供がいる場合には小型のハムスターよりは扱い易いのでゴールデンハムスターをおすすめします。

ゴールデンハムスターよりも小さくてなつきやすい種類はジャンガリアンハムスター。

ゴールデンハムスターはちょっと大きすぎると思われる方にはジャンガリアンハムスターがおすすめです。

標準的な体重が30~50グラム程度とゴールデンハムスターの三分の一程度の重さしかありません。
感情表現が豊かで動きから今の気持ちを推測しやすいので、コミュニケーションがとりやすくよくなつきます。
小さいだけにねずみらしい雰囲気になりますが、小動物のちょこまかとした動きが好きな方にとってはたまらなく愛らしい存在となるでしょう。
身体が小さいだけに掴む時は微妙な力加減が要されます。小さな子供がいて触りたがる場合には身体が大きなゴールデンハムスターにした方がハムスターにとって安全であり、子供にとっては扱いやすいでしょう。

ハムスターを選ぶ時はなつきやすい個体を見極めましょう。

人間の性格がそれぞれ異なるように同じ種類のハムスターでも個体によって性格が異なります。

ゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスターでも人見知りをしたり怖がってあまりなつかない個体もいます。
ハムスターになついてもらいコミュニケーションを楽しみたい場合には、購入する時になつきやすい個体を見極めて選ぶことが重要です。
  • 手を差し出してみる。
    ハムスターの方に手を差し出してみて友好的に寄ってくる個体を選ぶとよいでしょう。逃げたり怯えたり、寄ってきても噛み付く個体は避けた方がよいでしょう。
  • じっと見つめて話しかけてみる。
    じっと見つめて話しかけてみましょう。興味があるような素振りを見せて寄って来る個体を選びます。怯えて逃げる個体はなつきづらいので避けた方がよいでしょう。

ハムスターの習性を知り愛情を持って飼育するとよりなついてくれます。

同じハムスターでも飼い方や接し方によってなつき度は違ってきます。
なついてもらうためにはハムスターがなつきたくなるような飼い方をすることが大切です。

  • 飼育環境を快適に整える。
    まずはハムスターが快適に生活できることが大切です。毎日の快適な生活があり心が安定すると人へなつく心のゆとりが生まれます。
  • お世話をする時にはやさしく声をかける。
    ハムスターは賢い生き物なのでやさしい声をかけてお世話をしていると気持ちが伝わります。
  • ゆったりとした動きで接する。
    早く動くとハムスターを驚かせて怖がらせてしまう場合があります。
  • 大きな音を立てない。
    大きな音を立てるとハムスターが怯えて警戒し、なつくどころではなくなってしまいます。動きが面白いからと大きな音や大声を出して驚かすような事は絶対にやめましょう。心が安定して落ち着いた状態だと人に友好的になりなつきやすくなります。
  • 嫌がることはしない。
    可愛いからと嫌がっているのに捕まえて撫でるようなことはしないようにしましょう。不快なことをしてばかりいると危険人物とみなされてなついてくれなくなります。

最初からとてもなついているハムスターは少ないものです。愛情を込めて優しくお世話をしているとハムスターも心を開いてなついてくれます。個体によって性格は異なりますが、その個体なりになつくものです。

生き物を飼う時にありがちな失敗が、人間本位の可愛がり方をしてしまうことです。人間とハムスターは生態が違うので、その生態をしっかりと調べてハムスターが快適になるようにお世話をしてあげることが大切です。