ゴールデンハムスターが脱走する理由と脱走防止対策を紹介

ケージの入り口を閉めていたのにゴールデンハムスターが脱走!ハムスター飼育にあるあるです。

ではなぜ臆病なハムスターが外の世界に出たがるのか?脱走を試みるのでしょうか?ここではゴールデンハムスターが脱走する理由について、脱走防止対策についてご紹介をいたします。

ハムスター本来の性格を知って、飼育に役立ててください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴールデンハムスターの散歩方法や散歩をする際の注意点

ゴールデンハムスターの散歩を耳にしたことはありますか?ハムスターにも種類によっては散歩が必要となりま...

ゴールデンハムスターが安心して暮らすためには散歩が必要です。

ゴールデンハムスターにとっての散歩は人間にとっての散歩ではなくパトロールのようなものです。野生のゴー...

ゴールデンハムスターの餌は主としてペレットを与えます。

ゴールデンハムスターの餌は、総合栄養食であるペレットを与えるとよいでしょう。ペレットは様々なメーカー...

ゴールデンハムスターの臭いが気になる場合の対策について

ハムスターは飼っていても臭いがしづらいペットです。ゴールデンハムスターはペットのハムスターの中では大...

ゴールデンハムスターがなつかない原因2つと対処法2つを紹介

飼っているゴールデンハムスターがあなたになつかないと折角飼っているのに、気持ちがブルーになります。ゴ...

ゴールデンハムスターの性格は基本的にはのんびり臆病です。

ペットのハムスターは5種類いますが、その中でゴールデンハムスターは最も身体が大きくなつきやすいと言わ...

ゴールデンハムスターに与えたい栄養満点の餌とNGな食べ物

ゴールデンハムスターを健康的に育てるには飼育環境の他に、飼い主が与える餌も重要な要素になります。...

ゴールデンハムスターの歯が伸びる理由とやってはいけない対処法

ゴールデンハムスターのチャームポイントともいえるカワイイ歯。ひまわりを器用に食べる姿は本当にカワイイ...

ゴールデンハムスターの飼い方と愛すべき習性について学ぼう

その丸っこい体と愛くるしい顔立ちで、幅広い層から愛されているゴールデンハムスターの飼い方については、...

ゴールデンハムスターが噛む理由を知って改善しましょう。

ゴールデンハムスターはペットのハムスターの中でも最も賢くなつきやすいと言われています。そんなゴールデ...

ゴールデンハムスターは適切にトイレを設置するとすぐに覚えます

ゴールデンハムスターは同じ場所で排泄をする習性があるのでトイレを用意するとそこで排泄をしてくれます。...

ゴールデンハムスターが臭い3つの理由とそれぞれの対処方法

ゴールデンハムスターを飼い始めるうちに、小さな動物なのにニオイを発することに気が付きます。人によって...

ゴールデンハムスターの赤ちゃんは見守ることが大切です。

ゴールデンハムスターは2年から3年の寿命なので、赤ちゃんと言える時期は生後3週間程度まででしょう。個...

【ゴールデンハムスター】複数飼いは危険?正しい飼い方と注意点

ゴールデンハムスターはペットとして有名ですが、実は野生にも存在しています。ですが、その数は少なく...

ゴールデンハムスターを冬眠から目覚めさせる際のコツと注意点

ハムスターの中でも大きい部類に入るゴールデンハムスターは、冬眠をすることでも知られています。通常、ペ...

スポンサーリンク

ゴールデンハムスターが脱走するのには理由がある

ゴールデンハムスターをはじめ、ハムスターを飼育する際には、環境になれるまで、ハムスターに触れたりしないよう、静かに見守りましょうとアドバイスを受けたと思います。

ハムスターはとっても臆病な動物なので、飼育をし始めたときは巣箱が出てこず、日中はひっそりと巣箱で生活をしている姿が想像できます。

ハムスターは好奇心が旺盛

しかしそんな反面おもちゃも大好き!人が寝静まった頃には回し車で遊んだり、餌を巣箱に運び込んだり積極的に巣箱から出て行動します。

好奇心はケージの中だけでなく、ケージから見える外の世界にも向けられ、それがケージからの脱出につながります。

脱出はハムスターの好奇心によるもの、ある意味自然な行動とも言えるでしょう。

ゴールデンハムスターが脱走するのは不規則なお散歩が理由

ゴールデンハムスターを飼い始め、環境や飼い主さんに慣れてきたら、ケージから出してお散歩を始めます。

もちろんワンちゃんのようにリードを付けての散歩ではありません。

ある程度の範囲を区切り部屋の中で自由にさせてあげるハムスターならではの散歩

散歩は人にとっては運動不足の解消、ストレス発散などの役割をはたしますが、動物にとってはそれ以外の意味が存在します。

ワンちゃんのお散歩でも同じですが、動物にとって散歩をするコースは縄張りです。そのためマーキングを行います。

小さな動物のハムスターにとってもその点は変わりなく、散歩をすることは、縄張りの見回りを意味します。

そして一度散歩をすると、またケージから見られる範囲は縄張りとなるため、ハムスターは見回りにいかなくては行けないと考えるのです。

しかしハムスターの散歩の意味がわからない飼い主さんは、小さな動物ゆえに何日かに一度のお散歩で良いと考える場合があります。そうなるとゴールデンハムスターは、自らケージを抜け出し縄張りパトロールに向かうようになって行くのです。

 

ゴールデンハムスターの脱走防止策について

ゴールデンハムスターは小さな動物なので、僅かな隙間から脱走することが可能です。

金網タイプのケージ

金網に広くなっている場所がないかを確認

縦に格子がある金網は、かじって穴を開けることもできず、脱走がしにくいように感じますが、網が広くなっている部分があれば、そこから容易に抜け出すことが可能です。

金網が歪んではいないか、他の場所よりも間隔が広くなっている場所があったら、間隔をもとに戻し定期的なチェックを行いましょう。

出入り口を二重にチェック

出入り口が緩んでいないか?ハムスターの力でも開閉が可能な場合は、クリップなど本体の網と入り口の網を一緒に挟み施錠を行いましょう。

衣装ケースを利用している場合

通気孔の広さ

衣装ケースや水槽をケージの代用としている場合は、通気口から脱出する例が多く見られます。金網を丈夫に設置している場合は、蓋との間にハムスターがでられる隙間が空いていないか確認をしてください。

ケースに高さがあっても安心は出来ない

中にはケースに高さがあるので、ハムスターがよじ登ることが不可能と、通気孔を大きく設けている場合があります。しかし給水ボトル、回し車を上手く利用してよじ登り、脱出している例が多く見られます。ケースに高さがあっても開けっ放しにはせず、通気孔付きの蓋をつけるようにしてください。

ゴールデンハムスターが見つからない?考えられる脱走先

ちょっとした隙をみつけ、ハムスターが脱走してしまったら、とっても小さなハムスターなので捜索が困難です。

ハムスターを飼育しているとわかるように暗くて狭い場所が大好き。日中はひっそりと過ごしているため、逃げ込みそうな場所に目星をつけておきましょう。

家具の裏、押し入れのふすまが空いていたら、押し入れの奥に潜んでいることも考えられます。

またクローゼットなどが開きっぱなしになっていた場合、潜り込んでいる可能性が高いでしょう。

ちなみに我が家のハムスターの脱走先は決まって押入れの収納ボックスの裏、角が定番でした。
日中に目星をつけて耳をすましても、物音1つ聞こえない場合はハムスターは寝ていると思われるので、すべての部屋の戸を閉めて、夜を待ちましょう。

暗くなって活動する時間になったら、ハムスターの大好きなおやつなどを各部屋において、どこで生活をしているのかを探っていきます。

おやつを食べている形跡があるならその部屋のどこかにいることは確実

耳をすましてハムスターの所在を探ってください。

ちなみに暗い部屋でむやみに動くと、ハムスターに怪我をさせてしまう危険性があります。ハムスターを捕まえる際には慎重に動いてください。

ゴールデンハムスターが何度も脱走を試みる場合の対処法

ケージに脱走防止策を行っても脱走を留められない場合、脱走する根本的理由に対して対処をしなくてはいけません。

散歩を数日おきに行っている場合、毎日ハムスターを散歩させてあげてください。パトロールできて安心し、脱走がおさまる場合は少なくありません。

ケージの置き場所についても今一度確認をしてみましょう

ハムスターは本来とっても臆病な動物なので、うるさい場所で過ごすことを嫌がります。ケージの置き場所が窓際だったり、電気によるモーター音や生活音がする場所は、ハムスターにとって好ましい場所ではありません。

脱走をする際には、ハムスターが落ち着いて過ごせる場所にケージがあるかどうかを、もう一度確認をしてみてください。