ゴールデンハムスターが臭い3つの理由とそれぞれの対処方法

ゴールデンハムスターを飼い始めるうちに、小さな動物なのにニオイを発することに気が付きます。人によっては臭いと感じることもあるでしょう。

そこでここではゴールデンハムスターが発するニオイの原因、臭いと感じる場合の対処方法についてご紹介します。

また絶対やってはいけない対処法についても知っておかなくてはいけません。最後までお読みになり確認をして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴールデンハムスターのペレットの選び方と気をつける注意点解説

ゴールデンハムスターを飼い始めるにあたって、ご飯やお家の準備も必要になります。その際に主食で...

ゴールデンハムスターがなつかない原因2つと対処法2つを紹介

飼っているゴールデンハムスターがあなたになつかないと折角飼っているのに、気持ちがブルーになります。ゴ...

ゴールデンハムスターが噛む理由を知って改善しましょう。

ゴールデンハムスターはペットのハムスターの中でも最も賢くなつきやすいと言われています。そんなゴールデ...

ゴールデンハムスターに与えたい栄養満点の餌とNGな食べ物

ゴールデンハムスターを健康的に育てるには飼育環境の他に、飼い主が与える餌も重要な要素になります。...

ゴールデンハムスターが脱走する理由と脱走防止対策を紹介

ケージの入り口を閉めていたのにゴールデンハムスターが脱走!ハムスター飼育にあるあるです。では...

ゴールデンハムスターの鳴き声は小さく滅多に鳴きません

ハムスターはほとんど鳴かない動物で、ゴールデンハムスターも例外ではなくほとんど鳴きません。しかし、声...

ゴールデンハムスターの散歩方法や散歩をする際の注意点

ゴールデンハムスターの散歩を耳にしたことはありますか?ハムスターにも種類によっては散歩が必要となりま...

ゴールデンハムスターの飼い方と愛すべき習性について学ぼう

その丸っこい体と愛くるしい顔立ちで、幅広い層から愛されているゴールデンハムスターの飼い方については、...

【ゴールデンハムスター】複数飼いは危険?正しい飼い方と注意点

ゴールデンハムスターはペットとして有名ですが、実は野生にも存在しています。ですが、その数は少なく...

ゴールデンハムスターが快適な温度の中で暮らせるために

ハムスターの中でも大きめなゴールデンハムスターは、そのコロンとしたシルエットに愛らしさを感じます。...

ゴールデンハムスターの歯が伸びる理由とやってはいけない対処法

ゴールデンハムスターのチャームポイントともいえるカワイイ歯。ひまわりを器用に食べる姿は本当にカワイイ...

ゴールデンハムスターが安心して暮らすためには散歩が必要です。

ゴールデンハムスターにとっての散歩は人間にとっての散歩ではなくパトロールのようなものです。野生のゴー...

【ゴールデンハムスターのオス】性格や飼い方のポイントを解説

ここではゴールデンハムスターのオスをペットとして家族に迎い入れたいと考えている方に向けて、ゴールデン...

ゴールデンハムスターの赤ちゃんは見守ることが大切です。

ゴールデンハムスターは2年から3年の寿命なので、赤ちゃんと言える時期は生後3週間程度まででしょう。個...

ゴールデンハムスターのカラー紹介!単色から模様まで9パターン

ゴールデンハムスターには様々なカラーがあります。ゴールデンハムスターにはお店でよく見かける定...

スポンサーリンク

ゴールデンハムスターは糞よりも尿が臭い、しつけをしてニオイを軽減

ゴールデンハムスターを飼育していてニオイが気になる場合、1番に疑うところはやはり糞や尿です。

人と同じように考えると1番臭っているのは糞では?と考えてしまいますが、草食のハムスターの糞はあまり臭わず、乾くとさらにニオイは気になることはありません。

時間を置くほどニオイが気になるのは尿

ゴールデンハムスターの床材に肌触りを重視してキッチンペーバーを使ったり、経済的な理由で新聞紙を使用している方は、尿が染み込んだままにしておくと、どんどんニオイが蓄積され気になっていくことでしょう。

床材は汚れた部分は取り除く、また飼育したばかりで交換することが難しい場合は消臭効果のある床材を使用してみてください。ニオイが軽減されますよ。
またハムスターは糞を一定の場所にすることは出来ませんが、尿のしつけはすることが可能です。しつけができれば砂のトイレなどを利用して、さらに気になるニオイを軽減すると良いでしょう。

ゴールデンハムスターの臭いニオイはメス特有の場合も

動物にはニオイを出す線、臭腺が備わっています。ハムスターにもオスメスの両方に臭腺が存在します。動物は自分の縄張りを示すためにマーキングが必要となり、そのためにも臭腺は必要な器官なのです。

ニオイは異性を呼び寄せるためにも有効

発情期になると独特のニオイを出し、よりアピールを行い繁殖に役立てようとします。

ではメスにはそのようなニオイはないのでしょうか?実はオスよりもメスのほうが発情期に出す、臭腺からのニオイは強烈だと言われています。

ゴールデンハムスターのケージの掃除をしても、ニオイが取れない場合はこちらのニオイを疑ってみてください。

ニオイの対処方法としては、ペットに害がない消臭剤を使用する方法があります。ペットショップなどで相談をして購入をしましょう。

ゴールデンハムスターが臭いのではなく周りが臭っている可能性も大

ゴールデンハムスター自体のニオイでもなく、トイレの掃除をしてもニオイが消えない場合は、どこかに餌を隠してはいないか確認をすることも忘れずに行いましょう。

自然界でのハムスターは毎日、巣穴で生活をしています。身を隠して他の動物に捕食されないように、昼間は巣穴で過ごし明け方になると活動を始めます。その短時間のうちに餌を頬袋に詰め巣穴に持ち帰るのです。

ペットとして飼育されている今もその習慣は変わらず、飼い主さんからの餌を巣箱に持ち帰り保存をして過ごしていることが想像されます。

ペレットなどの乾燥した餌だと問題はありませんが、野菜や果物などを与えたときに巣箱に持ち込んでいると、腐敗をしてニオイの原因となっていることでしょう。

掃除をする際には、腐敗するような餌を隠してはいないか?また普段から、腐るような餌はその時食べる分だけ、手から食べさせるようにするなどの工夫をしてください。

巣箱に溜め込んだ餌はハムスターにとっては生きるために必要な蓄え

なくなることによって不安になりストレスをためることになります。そのようなことを防ぐためにも、普段から腐るような餌は与え方に十分に注意が必要です。

また巣箱が木で出来ていると、臭腺からのニオイや尿のニオイなどが染み付いてしまう場合もあります。一ヶ月に一度程度はケージや巣箱も水洗いで汚れを落とし、天日干しをしてニオイを軽減するよう対処を行いましょう。

ちなみにすべてのニオイを取り除くと、やはりハムスターは不安になってしまいます。ケージや巣箱をきれいにしても、ニオイのついた床材は残しておく(汚れていない部分だけ)など安心してハムスターが過ごせるようにしてあげてください。

ゴールデンハムスターを飼育している周りの布類のニオイが気になるときは

ハムスターを飼育していると、ケージの近くにあるカーテンやカーペットにも知らず知らずのうちにニオイがうつってしまうことも。

普段ゴールデンハムスターと生活をしている家族は気にならなくても、お客様が来たときなどは敏感に感じられる場合もあるでしょう。

普段から近くにある布類などは消臭剤を使用して、ニオイが気にならないようにしておくこと、また洗えるものについては洗濯をして清潔にしておくことをおすすめします。

ペット用ではない消臭剤を使用する場合には、間違ってもゴールデンハムスターにはかからないように、縄張りを荒らされたくないハムスターは、他のニオイがつくことを嫌います、ケージや巣箱、床材などにもかからないように注意をしましょう。

ゴールデンハムスターの臭いニオイが気になってもしてはいけないこと

発情期には臭腺から分泌液をだし、特別なニオイを発します。飼い主さんにとっては嫌なニオイでハムスターの体についたニオイを消したいと思うはずです。

人間なら体についてニオイはお風呂に入って洗い流します。その方法が一番手っ取り早いと感じることでしょう。

ハムスターに水は厳禁

決してお風呂に入れるようなことは出来ません

また水を嫌うハムスターは自然界でも水浴びをすることはありません。決して毛を水で濡らさないようにしてください。

その代わり、ハムスターは砂浴びをして汚れを落とします

ニオイや汚れが気になる場合は砂浴び用の砂、容器を用意してあげましょう。

ハムスターには動物特有のニオイ、また排泄物のニオイや、発情期特有のニオイが存在します。しかし人間にとっては嫌なニオイでも、動物にとっては必要なニオイである場合も多く、全てを取り除いてしまうとそのことがストレスになる場合も少なくはありません。

飼い主さんとハムスター、どちらも我慢ができる程度に、ニオイをコントロールしてハムスターと仲良く暮らしましょう。