ゴールデンハムスターの散歩方法や散歩をする際の注意点

ゴールデンハムスターの散歩を耳にしたことはありますか?ハムスターにも種類によっては散歩が必要となります。

しかしその方法は、よく見かける犬の散歩とは方法が異なります。

ここではゴールデンハムスターの散歩方法、散歩が必要な理由や、注意点についてご紹介をいたします。小さなハムスターはすばしっこく、どんな狭いところでもすり抜けて脱走します。散歩中は目を離さないようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴールデンハムスターが噛む理由を知って改善しましょう。

ゴールデンハムスターはペットのハムスターの中でも最も賢くなつきやすいと言われています。そんなゴールデ...

ゴールデンハムスターは適切にトイレを設置するとすぐに覚えます

ゴールデンハムスターは同じ場所で排泄をする習性があるのでトイレを用意するとそこで排泄をしてくれます。...

ゴールデンハムスターの歯が伸びる理由とやってはいけない対処法

ゴールデンハムスターのチャームポイントともいえるカワイイ歯。ひまわりを器用に食べる姿は本当にカワイイ...

ゴールデンハムスターの鳴き声は小さく滅多に鳴きません

ハムスターはほとんど鳴かない動物で、ゴールデンハムスターも例外ではなくほとんど鳴きません。しかし、声...

ゴールデンハムスターの餌は主としてペレットを与えます。

ゴールデンハムスターの餌は、総合栄養食であるペレットを与えるとよいでしょう。ペレットは様々なメーカー...

ゴールデンハムスターの年齢に合わせてお世話をしましょう

ゴールデンハムスターの寿命は人間よりもずっと短く2~3年程度です。自宅へ迎え入れてから生涯を終えるま...

ゴールデンハムスターを冬眠から目覚めさせる際のコツと注意点

ハムスターの中でも大きい部類に入るゴールデンハムスターは、冬眠をすることでも知られています。通常、ペ...

【ゴールデンハムスター】複数飼いは危険?正しい飼い方と注意点

ゴールデンハムスターはペットとして有名ですが、実は野生にも存在しています。ですが、その数は少なく...

【ゴールデンハムスターのオス】性格や飼い方のポイントを解説

ここではゴールデンハムスターのオスをペットとして家族に迎い入れたいと考えている方に向けて、ゴールデン...

ゴールデンハムスターの飼い方と愛すべき習性について学ぼう

その丸っこい体と愛くるしい顔立ちで、幅広い層から愛されているゴールデンハムスターの飼い方については、...

ゴールデンハムスターの赤ちゃんは見守ることが大切です。

ゴールデンハムスターは2年から3年の寿命なので、赤ちゃんと言える時期は生後3週間程度まででしょう。個...

ゴールデンハムスターのカラー紹介!単色から模様まで9パターン

ゴールデンハムスターには様々なカラーがあります。ゴールデンハムスターにはお店でよく見かける定...

ゴールデンハムスターが快適な温度の中で暮らせるために

ハムスターの中でも大きめなゴールデンハムスターは、そのコロンとしたシルエットに愛らしさを感じます。...

ゴールデンハムスターの性格は基本的にはのんびり臆病です。

ペットのハムスターは5種類いますが、その中でゴールデンハムスターは最も身体が大きくなつきやすいと言わ...

ゴールデンハムスターが安心して暮らすためには散歩が必要です。

ゴールデンハムスターにとっての散歩は人間にとっての散歩ではなくパトロールのようなものです。野生のゴー...

スポンサーリンク

ゴールデンハムスターの散歩の必要性について

ハムスターは小さな動物ですから、そもそもゴールデンハムスターに散歩が必要なのか、そこが知りたい方もいらっしゃるはずです。

運動不足の解消

ハムスターにもたくさんの種類があり、大きさにも違いがあります。小さなハムスターはケージがある程度大きければ、ケージの中での運動も可能となりますが、大きなハムスター、ゴールデンハムスターなども一般的なケージの大きさでは運動不足が心配なところです。

運動不足になると体重の増加だけではなく、ストレスを抱えてしまうこと考えられるでしょう。

縄張りのパトロール

ハムスターの縄張りはケージの中だけではありません。ケージから見えている範囲を縄張りだと認識するため、外に出て縄ばりが荒らされていないか、パトロールをしたい気持ちがあります。

また臆病な反面好奇心が旺盛なところがあるので、ケージから出たいと言う気持ちもあるようです。

安心安全の確認

自分の縄張り、住んでいる場所が安全なことを確認できると、普段の生活も安心して過ごすことができます。ストレスが軽減されることから飼い主さんとの関係も良好になることでしょう。

広いスペースで健康確認

小さなケージの中では、ゴールデンハムスターが起きて行動をしていても、異常を確認することが難しくなります。散歩をさせていると広いスペースなので、歩き方のチェックを始め、ゴールデンハムスターの健康チェックをすることができます。

ゴールデンハムスターを散歩させる場合に注意が必要な事

ゴールデンハムスターの散歩は、犬を散歩させるようなリードなどは必要ありません。自由にお部屋の中をパトロールさせてあげてください。

ですが、小さくてすばしっこいハムスターは、目を離したすきに目の前から姿を消し、どこに行ったかわからなくなる危険があります。

散歩するお部屋の戸は必ず閉めお部屋の外に出ないように注意をしましょう

また何でもかじるハムスターです

電気のコード類なども見つけるとかじってしまうことが予想されます。ハムスターの散歩のときはコード類をしっかりと収納しておくことが必要です。

その他には観葉植物にも注意をしましょう。観葉植物は動物が口にすると危険なものが多くあります。人にとっては少量でも小さなハムスターにとっては、大量とだと考えられるため、散歩をする部屋に観葉植物は置かず安心して散歩ができるようにしておいてください。

ゴールデンハムスターの散歩をやめさせる危険性

散歩は飼い主さんの気が向いたときだけ?ストレスが溜まっていそうだったり、運動不足が気になる場合に?実は一度ゴールデンハムスターに散歩をさせたら、それは1日の日課にしなくてはいけないことを知っておいてください。

私達にとっては散歩の要素が強くても、ゴールデンハムスターにとっては縄張りのパトロールです。

1日でもかかすとパトロールできないことで縄張りが心配になりストレスの原因となることも

またハムスターによっては、ケージを開けてくれるように声をあげたり、ケージの扉をかじって外に出たいと、訴えるようになることも少なくありません。

飼い主さんの都合ではなく、散歩を始めたら飼い主さんの日課にすることも大切なポイントです。

ゴールデンハムスターの散歩が心配な場合はグッズを利用

ハムスターは臆病だけど好奇心が多く散歩をさせていると、狭い隙間に素早く潜り込んでしまうことがよくあります。そのため散歩中のゴールデンハムスターから目を離すことができません。

散歩をすることによってハムスターのストレスはなくなりますが、心配性な飼い主さんだと逆にストレスになってしまうかもしれません。

ハムスターのすばしっこい動きに対応するのが難しい、見失う確率が高いと考える場合は散歩用のグッズを利用してみてはいかがでしょうか。

場所を取らずに収納できるジョイントサークルなどが販売されています。サークルだけでは物足りなさげに感じるなら、サークルの中にハムスターの隠れ場所などを作ってあげたり、おもちゃをおいてあげるなどの工夫をしてあげてください。

おもちゃとして販売しているものも良いですが、お家にあるものを工夫してハムスター用のアスレチックを作ることもできますよ。

散歩は飼い主さんもストレスにならないよう、ゴールデンハムスターと一緒に楽しめるようにしてください。

ゴールデンハムスターが勝手に散歩、ケージを脱出してしまうことも

何らかの理由で習慣の散歩ができなくなってしまった場合、ハムスターにとって縄張りをパトーロルすることができずストレスを感じていることでしょう。そしてケージの外に出たいと思っています。

飼い主さんはハムスターがケージの中にいること、ケージの蓋がしまっていることから大丈夫だと安心することと思いますが、ハムスターは思ってもいないような狭い隙間から脱出を試みます。

実際に我が家のハムスターも何度も、ケージから脱出をしていました。あるときは上手にケージの入り口を開け、あるときはケージの隙間から外に出ていることも。

そこでケージの入り口が開かないように洗濯ばさみを使ってみたり、隙間から脱出する際にはケージに工夫をすることを試してみてください。

まずはケージから外に出られない対策を、そして散歩を怠らないよう、ゴールデンハムスターがストレスを溜めないように配慮をしてあげましょう。