ハムスターの寿命は2~3年でキンクマハムスターは3年程度です

ペットとして販売されるハムスターは5種類います。そのうちの4種類がジャンガリアンハムスターなど小型のドワーフハムスターで寿命は2年程度です。残り1種類がゴールデンハムスターで寿命は3年程度です。キンクマハムスターはゴールデンハムスターの一種なので寿命は3年程度になります。ハムスターの寿命は身体の大きさに比例する傾向があり、キンクマハムスターは身体が大きいのでドワーフハムスターよりも寿命が長めになります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キンクマハムスターの飼い方と注意点、ハムスター選びのポイント

ペットショップで人気のハムスター、中でも人気のキンクマハムスターの飼い方について知っていますか?...

キンクマハムスターの特徴と性格、飼育時に最も注意が必要な点

小さくてかわいいハムスター、種類も豊富で小さいハムスターや大きめのハムスター、色にも違いがあります。...

なつきやすいと言われるキンクマハムスターが噛む理由と対処法

キンクマハムスターはハムスターの中ではなつきやすい種類だと言われています。そのためハムスターが手の中...

キンクマハムスターの飼い方の基本と飼い主が覚えておく注意点

ハムスターには、いろいろな種類があり、どのハムスターを選べば良いのかお悩みの方もいると思います。特に...

【キンクマハムスターの飼育】正しい散歩で元気に育てよう

キンクマハムスターは、ゴールデンハムスターを品種改良して誕生した完全ペット用のハムスターです。...

キンクマハムスターのメスの特徴、飼育方法についてご紹介

キンクマハムスターはメスの方が飼育をしやすいと聞いたことはありませんか?どのような動物でも飼育をする...

【キンクマハムスターの飼い方】飼育に必要な道具と値段

キンクマハムスターは、野生には存在しない種類のハムスターです。ゴールデンハムスターを品種改良...

キンクマハムスターの平均体重。でもオーバーしても肥満ではない

コロンとした愛らしい姿のキンクマハムスター。ハムスターの中では大きな品種ではありますが、体重の増...

【キンクマハムスター】正しい飼い方と気をつけるべきポイント

ペットショップに数多くいるハムスターの中でも、とりわけ可愛くて人気があるのが「キンクマハムスター...

スポンサーリンク

ペットのハムスター5種類の平均寿命は2~3年で、キンクマハムスターは3年程度です。

ハムスターは犬や猫ほど種類が豊富ではありませんが、いくつかの種類がいます。寿命の長さはどの種もあまり長くは無く、身体が小さい種類のハムスターでは2年程度、身体が大きい種類では3年程度です。

キンクマハムスターはゴールデンハムスターの一種で身体が大きい種類のハムスターになります。

そのため寿命は3年程度になります。
ゴールデンハムスターの原種は白と茶色のまだら模様ですが、ペットとして飼われるようになって様々な色のゴールデンハムスターが作られました。
キンクマハムスターは全身が薄いクリーム色で、温厚でやさしげに見える色がとても人気です。

キンクマハムスターの寿命が少しでも長くなるように快適な飼育ケースを用意しましょう。

生き物の寿命は個体によってかなり差があり、食べ物や環境が大きく影響します。

キンクマハムスターも例外ではなく、よい飼育環境を整えてあげると長生きしてくれます。

長生きできるような飼育環境作りを目指しましょう。

  • 飼育ケースの大きさ。
    飼育ケースの大きさは横幅が60cm以上のものがよいでしょう。ハムスターは狭い場所が好きではありますが、隠れ家が狭いのと飼育ケース自体が狭いのとでは話が違ってきます。キンクマハムスターは体長19cm程度まで成長するので、隠れ家やトイレ、回し車などどれもそれなりの大きさが必要です。それらを配置するには横幅が60cm以上ある飼育ケースが望ましいでしょう。
    子供のうちはまだ身体が小さいので横幅45cm以下の飼育ケースを用意しても、成長して手狭になり買い換える場合が多くあります。
    我が家も最初は横幅45cmの飼育ケースを購入しましたが、隠れ家や回し車をサイズアップすると配置しきれなくなり横幅60cmの飼育ケースに換えました。
    ジャンガリアンハムスターなどのドワーフハムスターは横幅45cmの飼育ケースでも手狭感はありません。
  • 安全な飼育ケースを選ぶ。
    飼育ケースに高さがあり内部が2段3段と階層がいくつも作られている飼育ケースがありますが、落下により怪我をする可能性があるのでおすすめできません。
    ハムスターは地面に穴を掘って生活する生き物です。高い場所に登る習性はなく、落下すると簡単に骨折したり致命的なダメージを受ける場合があります。
    また、作りが複雑だと手足を挟んで骨折したり指がもげるなど思わぬ事故が起こる可能性があります。
    飼育ケースはフラットで単純な構造のものを選んだ方がよいでしょう。
  • 側面は金網になっていない方が安心です。
    側面が金網になっていると齧る場合があります。金網を齧り続けると歯や口に支障を来す可能性があるので、やめさせる必要があります。どうやっても齧るのをやめないので結局は金網ではない飼育ケースに換えたという話を多くききます。

キンクマハムスターに適したサイズの回し車を選びましょう。

ハムスターにとっての回し車は単におもちゃという訳ではなく、習性に基づいて使用し、健康を保つためにも大切です。必ず設置してあげましょう。
ハムスターは夜行性で夜間に餌を求めて長い距離を移動します。その習性に基づいて夜になると回し車に入り走ります。
ペットショップでは回し車を使ったことがない子供のキンクマハムスターでも、自宅に連れて来て回し車のある飼育ケースに入れるとすぐに入って走り始めました。その姿を見ると習性や本能の為せる業と感銘を受けました。

回し車に入って走る事は身体を鍛えて肥満を防止するのにも役立ちます。

回し車のサイズが小さいと走っている間に背中を反らせる事になり、背骨に悪影響を与えます。
回し車のサイズは小さいよりは大きい方がずっとよので、迷った場合には大きめのサイズを選ぶとよいでしょう。

キンクマハムスターには、子供のうちは17サイズ、その後21サイズ、25サイズとサイズアップさせましょう。

予算的に買い替え回数を減らしたい場合には、初めから21サイズを使用し、成長具合をみて25サイズにしましょう。

我が家では最初17サイズを使用していましたが、あまり使用しなくなったので21サイズに換えるとまたよく使うようになりました。
網やつなぎ目に隙間がある回し車は手足を骨折したり指がもげる事故がおこる可能性があります。走る面をよく見て小さな隙間などがない回し車を選びましょう。

キンクマハムスターに合った隠れ家やトイレ、バスを用意しましょう。

キンクマハムスターの身体の大きさに合った隠れ家とトイレ、バスを用意しましょう。
サイズが合っていないとキンクマハムスターが使用しなかったり安心して過ごせなくなってしまいます。

  • 隠れ家
    隠れ家はキンクマハムスターが大半の時を過ごす場所で、安心して過ごせる場所であることが大切です。キンクマハムスターが気に入る隠れ家を用意してあげましょう。
    ゴールデンハムスターを購入するに当たってゴールデンハムスター用の巣箱を購入したのですが全然入ってくれず、餌台として用意したドワーフハムスター用の隠れ家に入っていました。
    子供のうちは身体が小さいのでゴールデンハムスター用の隠れ家では大きすぎて気に入らなかったようです。
    成長して身体が大きくなってきた頃にゴールデンハムスター用の大きな隠れ家を入れると、すんなりと入って使ってくれました。
  • トイレ、バス
    トイレとバスの大きさは、キンクマハムスターが入って方向転換して出てこられるくらいの大きさの物を用意しましょう。
    ゴールデンハムスター用のトイレとバスを選んで購入すると問題ないでしょう。

キンクマハムスターの寿命が長くなるよう健康によい餌を与えましょう。

キンクマハムスターの寿命をできるだけ長くするためには餌の選択と与え方が重要です。

  • 質のよいペレットを与える。
    餌には総合栄養食であるペレットを与えましょう。ミックスフードだと好きなものだけを食べて栄養が偏ってしまう場合が多くあります。
    ペレットを選ぶ際には信頼できるメーカーのものを選びましょう。
  • おやつは野菜をメインにする。
    ひまわりの種や煮干、野菜はおやつといいう位置づけで主食にはしません。たまに少量だけ与えましょう。
    特にひまわりの種は脂肪分が高く肥満になりやすいので3~4日に1回2~3粒与える程度にしましょう。ただ、子供で成長期のうちはこれよりも多く与えてもよいでしょう。
    野菜はキャベツや人参ならば毎日与えても大丈夫です。水分の多い野菜を与えすぎるとお腹を壊すので注意しましょう。
    ネギやニラ、ニンニクなどハムスターに与えてはいけない野菜も多くあるので確認してから与えましょう。
飼育環境を整えて質のよい餌を適量与え、肥満させないことがキンクマハムスターの寿命を長くすることに繋がります。