ジャンガリアンハムスターの飼い方と他のハムスターとの違い

ハムスターにはいくつかの種類があり、飼育を考えている方は実際に見ると迷ってしまうかもしれません。

ここでは比較的人に懐きやすいと言われているジャンガリアンハムスターの飼い方について、懐かせる飼育方法、また他のハムスターとの違いについてもご紹介をいたします。

ハムスターは個々の性格もありますが、飼育方法によっても性格に違いがでてきます。ハムスターのストレスにならないような飼育を目指しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジャンガリアンハムスターは喧嘩が命取り!飼い方と注意点

ペットショップで見かけるジャンガリアンハムスターは、とても可愛らしい容姿をしています。ですが、そ...

【ジャンガリアンハムスター】手乗りするほど懐かせる方法

ハムスターの種類の中でも、小さくて可愛らしいジャンガリアンハムスターは、ペットとして非常に人気があり...

1人暮らしでも飼いやすいジャンガリアンハムスターの飼い方

ペットを飼いたいけど1人暮らしだから飼えないと諦めている方は多いのではないでしょうか。1人暮らし...

【ジャンガリアンハムスターの飼育】鳴き声の種類と鳴く理由

ジャンガリアンハムスターは基本的には鳴かないので、鳴き声を聞くのは非常に珍しいことです。普段は鳴...

ハムスターの寿命は2~3年でジャンガリアンは2年程度です。

ペットとして流通しているハムスターは5種類いますが、どの種のハムスターも寿命は大体同じで2~3年です...

【ジャンガリアンハムスター】上手なトイレのしつけ方法

ジャンガリアンハムスターは、小さくて可愛らしく、飼育に手間もかからないため、ペットとして非常に人気の...

ジャンガリアンハムスターの性格は好奇心旺盛でお茶目さんです。

ジャンガリアンハムスターの性格は個体ごとに差はあるものの、往々にして好奇心旺盛で食べるのが大好きな食...

【ジャンガリアンハムスター】ブルーサファイアの性格と特徴

ハムスターの中でもペットとして特に人気の高いジャンガリアンハムスターには、様々な体色が存在します。...

基本的なハムスターの飼い方でジャンガリアンも大丈夫です。

ハムスターの飼い方は基本的にはどの種類でも同様です。基本の飼い方を知っておくとジャンガリアンハムスタ...

イエロージャンガリアンってどんな性格?個々の性格も重要

ハムスターを見に行くと、意外とたくさんの種類のハムスターがいて驚いてしまいませんか?大きさや...

ジャンガリアンハムスターは種類によって色が異なります。

ハムスターの中でダントツ人気があるのはゴールデンハムスターとジャンガリアンハムスターです。どちらも性...

スポンサーリンク

お家に慣れるまでのジャンガリアンハムスターの飼い方

ハムスター全般に言えることですが、ハムスターを飼育するときには最初が肝心。ファーストコンタクトでハムスターとの関係性が決まることもあります。

とっても臆病なハムスターは環境の変化にも敏感で慣れるまでに時間が必要

お家に来たばかりのときは巣箱にこもって、安全を確保したいというのが、ハムスターの気持ちです。

そのようなときにハムスターに手を差し伸べたり、話しかけたりするのは絶対にNG。慣れるどころか恐怖に感じてしまうことでしょう。

一度恐怖を感じてしまうと、その関係性を変えるのは大変です。ただでさえ臆病なハムスターの心を開くのは更に時間がかかってしまうことが予想されます。

ハムスターがお家に慣れるまで1週間から10日程は、餌をあげる、水を取り替える、糞や尿の始末をするなどの、必要最低限のお世話だけをし、覗き見ることもやめましょう。ハムスターと良い関係を築きたいのなら我慢が必要、ハムスターが巣箱からでて来る余裕がでてきてから、少しずつ触れ合っていくことが最大のポイントです。

ジャンガリアンハムスターの特徴と他のハムスターとの違い

ジャンガリアンハムスターを飼育したいと考えている方は、他のハムスターとのどのような違いに注目をしているのでしょうか。

外見の可愛さがポイント

ゴールデンハムスターよりも小さくロボロフスキーハムスターよりも大きなジャンガリアン。サイズ感がちょうど良い、育てやすそうと直感で選ぶ方も多いようです。

またジャンガリアンハムスターのカラーは最も一般的なノーマルの他にも、数種類があり好みの種類を探すこともできます。柄で選ぶならゴールデンも良いですが、カラーにこだわりがあるのならジャンガリアンハムスターがおすすめです。

もちろん飼育する上では、ハムスターの種類別の性格も気になるところでしょう。

ジャンガリアンの性格

ゴールデンほど懐きやすくはありませんが、決して飼い主さんに懐かないわけではありません。飼育のコツさえつかめば、ジャンガリアンハムスターは心を開き、仲良く過ごすことができます。

容姿も性格も魅力的なジャンガリアンハムスター。ですが1つのケージで沢山のハムスターを飼育したいと思っている方には、向いている種類ではありません。

いつも巣箱にこもっているハムスターは、それほど他の個体を意識しないように感じますが、実際はその逆。自分のテリトリーを大事にし、守ろうとするので、生命をかけた喧嘩をすることもあります。その点には十分に注意をしてください。

ジャンガリアンハムスターを懐かせたい場合の飼い方

警戒心が強く臆病なハムスターですが、環境に慣れ危険がないと感じると、段々と巣箱から姿を見せるようになります。

少しずつ触れ合う時間を増やしていきましょう

まずは声がけからです。餌を変えるときなどお世話をするとき、ハムスターが巣箱からでてくるようになったら声がけを始めます。かける言葉は挨拶でも名前を呼ぶだけでもOK。段々とハムスターが声を覚えていくはずです。

声がけをしても戸惑わず、姿を見せてくれるようになったら、今度はハムスターの大好きなおやつを手渡しします。

ひまわりの種などを手の平にのせて、ハムスターが自ら取りに来るまで焦らずに待ちましょう。こうすることで今度はハムスターがニオイを覚えていきます。

さらに慣れてきたら今度はおやつをつまんだ指から与えるようにします。このときのポイントは無理に近づけようとはせず、ハムスターがくるまで待ってあげることです。

動物は餌をくれる、美味しいものをくれる人は必ず覚えます。そして危険がないと分かれば、少しずつ心を開いてくれます。時間はかかるかもしれませんが待つこと、少しずつ距離を縮めていくことが重要です。

ジャンガリアンハムスターは飼い方次第で性格にも変化がでます

ジャンガリアンは比較的、人に懐きやすい種類のハムスターですが、飼育方法や接し方によっては違いがでてしまいます。

慣れる前に距離を縮めようとしてしまった場合ハムスターは敵だと勘違いをし恐怖をおぼえてしまいます

そうすると身を守ろうとし、巣箱に近づけた手に齧りつくことも。ですがこのときの声を出したり、急に指を引き抜こうとすると、さらにハムスターは驚いてしまい、距離を縮めることはできません。

齧られてもできるだけ冷静に、大きな声を出さず静かに手を戻してください

このときの対処を間違えてしまうと、巣箱に手を近づけただけでもギーッと威嚇する声をあげたり、噛み付く仕草を繰り返すようになります。

また人によって、家族によって態度を変えることもあり、なかなか関係性を修復することは難しくなってしまいます。

ハムスターは穏やかに過ごせる環境を作ってあげること、焦らずに接する気持ちがハムスターとの距離を短くしてくれます。

ジャンガリアンハムスターに少しでも長生きしてもらうためにできること

ジャンガリアンハムスターも他のハムスターと違いはなく、2~3年と短命です。しかしせっかく懐くようになり、良い関係を築くことができるようになったら、少しでも長生きをしてもらいたいと願うところです。

ハムスター本来の寿命もありますが、少しでも良い環境を作ることは、決して無駄なことではありません。

健康を維持するためにストレスを与えない、飼育環境を清潔にする、運動や食べ物などで健康に気を付けるなど、飼い主さんができることをしてあげましょう。